「どんなペットも同伴歓迎」のペット用品店にテキサス・カウボーイが仕掛けたイタズラ そのペットはちょっと大きすぎる!

access_time create folderエンタメ

テキサス州ヒューストンにある“Petco”は「つながれているならどんなペットも同伴歓迎」がポリシーの人気ペット用品店。近所で牧場を営むビンセント・ブロウニングさんは、贔屓にしているこのお店のポリシーがどこまで本気かを試すために、ちょっとしたイタズラを思いついたみたいだよ。


https://www.facebook.com/vincent.browning/videos/828088067528164/?t=0

ビンセントさんがお店に同伴したのは、自分のところの牧場でかわいがって育てているオリバー君(14才・オス)。1トン近くある巨体もさることながら、なんといってもオリバー君の最大の特徴は目立ちすぎる巨大な角。「世界一巨大な角を持つ牛」としてギネス世界記録に登録されたこともある“アフリカン・ワトゥシ”という種類の牛なんだって。まあ確かに手綱で繋がれてはいるけど、こんなペットの同伴ってアリなのー!?

カウボーイスタイルのビンセントさんに引かれて店の前までやってきたオリバー君。大きすぎる角が入り口のドアに引っかかりそう。でもオリバー君は首をクイッと傾げてご入店。あったまいいー!

水色のポロシャツの店員さんが寄ってきて頭をなでてくれたよ。どうやら歓迎されたみたい。オリバー君はとっても大人しい牛さんなんだね。ビンセントさんは「Petcoの素晴らしい店員さんは期待に応えてくれました。彼らは腕を広げてオリバーを迎えてくれました。いつもとても親切で丁寧に接してくれます。ここに来るのが本当に楽しみです。Petco最高!」と、お店の対応に満足したみたい。


https://www.facebook.com/vincent.browning/posts/828089880861316


https://www.facebook.com/Petco/posts/10161728723060615

画像とソース引用:『Facebook』より

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧