ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

部屋探しの極意! 不動産屋との駆け引きに勝つためには

どうも、不動産ポータルサイトの編集長を務めているライターの丸野裕行です。

これから引っ越ししたいと思っているあなたは必読の記事です!

賃貸物件探しをして感じるのは、不動産屋からのプレッシャー。不動産屋からのセールストークで焦ってしまい、「早く物件を決めないと!」「こんな物件、他にはもう見つからないかも……」なんて思ってしまうんです。

このトーク、実はある程度パターン化されているものなんです。就職や転職、入学などでそのセールストークにのせられ、「その場の空気で部屋を決めちゃった」「あとから冷静になると思い描いていた希望とズレてる」「もう少し他の物件も内見すればよかった……」などと後悔する人も少なくないのです。

では、そうならないためにどうしたらいいのでしょう。よく不動産屋が使うセールストークごとに、彼らの本心とその対策を解説していきますのでぜひ参考にしてみてください!

「この物件は人気なので、明日にはもう他に決まっているかもしれませんよ」

なんとも古典的な畳みかけの言葉ですが、これはあなたを焦らせて「今決めないと誰かに取られるぞ!」という気持ちが働くように誘導しています。引越しをすると毎回、必ず言われます。

その部屋が本当に人気のある物件というときもありますが、ただ単に早く決めてほしくて言っていることもあります。物件の家主から広告料をたくさんもらっているために早く成約してもらわなければ……という物件である場合もあります。

このとき、内見が1軒目であったり数件しか内見していない状態であれば、結論を急ぐ必要はありません。物件選びというのは、必ず“あなたのペース”で進めることが肝心なのです。営業マンのペースにのせられてはいけません。

本心では「この部屋、気に入った!」と思ったとしても、「う~ん、少しイメージと違うなぁ……」とぼそっとひと言つぶやくだけで、もっと条件のいい部屋を紹介しないと「ウチで借りてくれないかな」と営業マンは考えはじめます。

この時点であなたがイニシアチブ(主導権)を握ったことになります。

「この部屋超オススメです!私のイチ押し物件なんですよ!」

部屋探しのプロに「オススメです!」「この家賃ではなかなかないですよ!」と言われたらいい部屋のような気がしてますが、ちょっと待ってください! オススメだと言っても、不動産屋がそう思うだけで、あなたにとってオススメなのかどうかはわかりません。

「狭い部屋だけど賃料が安い」「駅近だからちょっと家賃が高くてもお買い得」などなど、不動産屋目線でのオススメである場合もあるので、あなたはしっかりと“自分にとってのオススメポイント”は何なのかを明確にしておきましょう。

「引越しはいつ頃をお考えですか?」

この言葉は、あなたがどれほど焦っているのかを知るためです。物件探しと引っ越し期限を聞くことで、あまりオススメではない条件が比較的悪い物件を当て込むのです。このとき、営業マンは「このお客には、多少強引なセールストークをしても大丈夫だな……」と思うのです。

このときあなたは「いい物件が見つかればすぐにでも引っ越すんですが、いい物件がなかったらしばらくゆっくり探します」とゆとりのある笑顔を見せながら返答しておきましょう。

壁をコンコンと叩いて「この物件は、防音がしっかりしてますよ!」

いかにも「自分はプロですよ」をいうニオイをプンプンさせながら、「ここの物件は壁が厚くて、防音処理がしっかりしていますよ!」というのは間違いなくパフォーマンスです。木造よりもコンクリート構造の場合は叩けば硬い音がするために、防音性がなんだか高そうに聞こえます。

ハッキリと言いますが、防音性というのは実際に住まないとわからないのです。逆に言えばこういったパフォーマンスを行う不動産屋は信用できないということです。

「どこの不動産屋に行っても同じですから……」

この言葉もよく使うセールストークです。確かに大手の不動産屋というのは、物件情報を共有しているために同じ物件を紹介してくることもあります。ですが、不動産屋の営業マンによって紹介する物件の選び方というのはまったく違うのです。

ですから、このように言われても必ず複数の不動産屋に足を運びましょう。足を運べば運んだだけ、あなたにピッタリのレア物件が見つかるものです。

いかがでしたか?
賃貸物件探しというのは、いい営業マンに当たればいい部屋との出会いの確率があがります。あなたもぜひ、いろいろな不動産屋を訪ねてみてください。

(C)写真AC

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 丸野裕行) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき