ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ネタバレ厳禁のスリラー映画『マローボーン家の掟』 意味が分かると怖い写真[ホラー通信]

映画『マローボーン家の掟』

映画『マローボーン家の掟』より、新しく解禁となった場面写真をご紹介します。

森のなかの屋敷で、不思議な”5つの掟”に従って暮らすマローボーン家の4人兄妹。心優しい母親が病死し、凶悪殺人鬼である父親を殺害したことをきっかけに、平和な日常はもろくも崩れだす。屋根裏部屋から響いてくる不気味な物音、鏡の中にうごめく怪しい影。一体何が起こっているのか、そして彼らの守る掟の意味とは?

本作、結構なネタバレ厳禁映画でして、「とにかく観て」としか言えませんが、今回解禁となったのは、真実を知るとなかなか怖くなる写真たちです。

屋根裏に通じる天井の穴に手を入れ、血の気の引いた表情を浮かべる長女ジェーン(ミア・ゴス)。ひび割れた大きな鏡を一点に見つめる長男ジャック(ジョージ・マッケイ)。”何か”に見つかり身を寄せ合い避難するジェーン、次男ビリー(チャーリー・ヒートン)、末っ子サム(マシュー・スタッグ)。整列するように床に並べられた4兄妹をかたどった人形の側にはライフルが添えられています。

写真だけ見てもなかなかピンとは来ないでしょうが、真実はぜひ本編でお確かめくださいね。4月の公開までネタバレを踏まないように注意ですよ。

映画『マローボーン家の掟』 映画『マローボーン家の掟』 映画『マローボーン家の掟』

作品概要

『マローボーン家の掟』
2019年4月12日(金)より新宿バルト9 ほか全国ロードショー
公式サイト:www.okite-movie.jp

【監督・脚本】セルヒオ・G・サンチェス 【製作総指揮】J・A・バヨナ
【出演】ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ/アニャ・テイラー=ジョイ
2017年/スペイン・アメリカ/英語/カラー/シネマスコープ/5.1ch/1時間50分/日本語字幕:佐藤恵子
原題:MARROWBONE/配給:キノフィルムズ|木下グループ/レーティングG
(C)2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき