ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 完全無欠の愛所表現! アナが魅せた壁ズボ(?)に注目『ラスト5イヤーズ』
  • 繰り出される小ネタにやみつき!?   映画評論家・松崎健夫さんが語る コメディの“鬼才”三木聡監督ってどんな人?
  • まるでプロの犯行! 映画『インセプション』のMAD動画のクオリティが高すぎる
  • 【ザ・レイド祭】オシャレで可愛い女の子が豹変! ハンマーを振り回し暴れまくる独占映像公開
  • 【本編動画】『グレートウォール』伝説の怪物・饕餮(トウテツ)登場シーン! 「ゴジラと戦っても勝つと思う」
  • 2015年は“園子温イヤー”でも『ラブ&ピース』だけ異色? 「園作品に泣かされるなんて……」の声
  • 【今週のDVD&BD】『猿の惑星』『ジャージー・ボーイズ』から戦慄の実話ホラーまで大充実!
  • 【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2018/6/22号:ニコラス・ケイジ怪演!『マッド・ダディ』、異色ゾンビコメディ『カメラを止めるな!』
  • アンジーの子供も思わず怯えた! 映画『マレフィセント』妖艶なポスターヴィジュアル解禁
  • ゴールデンウィークはエンタメ祭り! 『GYAO!』38作品を期間限定無料配信
  • 『ヘイトフル・エイト』美術・種田陽平さんインタビュー「そのこだわりはタランティーノが小津安二郎になっちゃった感じ」
  • 大ヒット中『ヒメアノ〜ル』吉田恵輔監督インタビュー「ジャニーズだからではなく森田剛だから出演してほしかった」
  • 名曲「愛を感じて」大解禁!本年度、最注目のディズニー映画『ライオン・キング』最新スポット映像
  • 天才数学者vs世界最強の暗号 カンバーバッチ主演『イミテーション・ゲーム』で半世紀越しの秘密が明らかに
  • 【ガジェ通日誌】新規ニュース配信『ShortCuts』
  • 【マジかよ】『デッドプール2』に忽那汐里が出演するぞおおぉ! 重要な役として参戦決定

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

海上のドローン。無人航行ミサイル艇は、群狼航行でミサイルを発射する(中華IT最新事情)

海上のドローン。無人航行ミサイル艇は、群狼航行でミサイルを発射する

今回はtamakinoさんのブログ『中華IT最新事情』からご寄稿いただきました。

海上のドローン。無人航行ミサイル艇は、群狼航行でミサイルを発射する(中華IT最新事情)

2018年に珠海で開催された中国国際航空宇宙航空博覧会で展示された無人ミサイル艇「瞭望者II」が話題になっている。無人での自律航行、遠隔での手動航行が可能で、画像解析により目標物を特定して、ミサイルを発射する海のドローンだと雷神之錘*1 が報じた。

*1:「中国已经着手发展无人导弹艇,美军航母面临全新威胁」『今日头条』
https://www.toutiao.com/a6649713306875462148/?tt_from=copy_link&utm_campaign=client_share&timestamp=1549340299&app=news_article&utm_source=copy_link&iid=59721335529&utm_medium=toutiao_ios&group_id=6649713306875462148

ミサイル発射実験にも成功した無人ミサイル艇

2018年の珠海で開催された中国国際航空宇宙航空博覧会で無人ミサイル艇「瞭望者II」が公開された。無人で航行することが可能で、4連装のミサイル発射装置を備える。ミサイル発射実験も、イスラエルに続いて成功している。

この無人ミサイル艇は、珠海雲洲智能科技有限公司と関連する軍関係企業が共同で開発したもの。すでに海外からの引き合いも多く、瞭望者IIの公開1ヶ月で、雲洲智能科技には4億元(約66億円)以上の投資資金が集まり、Cラウンドの投資を完了した。

瞭望者II

▲展示された瞭望者II。上部に取り付けられているレーダーとセンサーの情報により、自律航行、目標物の画像解析を行う。

瞭望者IIの上部

▲瞭望者IIの上部の写真。左下に4連装のミサイル発射装置が見える。目標物を画像解析で特定し、ミサイルを自動誘導で発射する。

画像解析により目標物を特定し、ミサイルを発射する

瞭望者IIは、全長7.5m、幅2.7m、排水量3.7トン、最高航行速度45ノット。22ノットでの航続距離は310カイリ。自動航行、遠隔による手動航行が可能で、画像解析により目標物を特定し、4連装ミサイルを発射することができる。最大射程距離は5km。

「中国首艘导弹无人艇试射现场视频曝光」『YouTube』(※現在は再生できません)
https://www.youtube.com/watch?v=8QTTbsuGcP4
▲ミサイル発射実験の様子。目標物を自動的に特定する。

任務は国境海域の巡視と偵察

この瞭望者IIの主な用途は、国境海域の巡視、偵察だが、集団航行も可能で、複数のミサイル艇が同じ隊形を維持しながら航行することもできる。博覧会では、56艘の瞭望者IIが航空母艦のような隊形を維持しながら航行する映像も展示された。このような「群狼航行」では、1艘あたりの攻撃力は弱くても、ひとつの目標に対して集中砲火を浴びせることが可能になり、上陸作戦の支援などにも利用できるという。どのような組織に採用されているかは公表されていない。

群狼航行をする56艘の瞭望者II

▲群狼航行をする56艘の瞭望者II。空母のような形の陣形を維持したまま、自律航行をする。

 
執筆: この記事はtamakinoさんのブログ『中華IT最新事情』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2019年3月19日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき