ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

失敗なし!リーフレタスの育て方|プロの栽培術

失敗なし!リーフレタスの育て方|プロの栽培術

リーフレタス(キク科)の栽培・育て方をご紹介。種まきから、植えつけ、害虫対策、収穫までプロに教えてもらいました。リーフレタスのプランターでの育て方もあり。【家庭菜園の基本シリーズ】
加藤正明さん

練馬区の農業体験農園「百匁の里」園主。 NHK Eテレ「趣味の園芸 やさいの時間」では、栽培管理や講師を務める。著書に『達人が教える! 農家直伝 おいしい野菜づくり』(永岡書店)、『甘やかさない栽培法で野菜の力を引き出す 加藤流 絶品野菜づくり』(万来舎)がある。

リーフレタスを栽培する前に知っておくべきこと

レタスの仲間でボール状にならず、玉レタスより栽培期間が短く、育てやすいリーフレタス。

葉の色が濃いものや淡いもの、フリルが細かいものやふんわりしたものなど、さまざまな品種があります。

リーフレタスの苗も販売されていますが、自分で種から苗を作れば、珍しい品種を育てる楽しみが広がって◎。

また、玉レタスに比べると栄養価が高く、β-カロテンの含有量は約10倍の緑黄色野菜です。

まだ寒いうちに種をまくので、種まき後は透明なトンネル用保温シート(穴あき)などで保温することが栽培ポイント。
種まき後、約1ヵ月で植えつけ適期の苗ができます。

さらに、苗作りや植えつけの際に気をつけたいのが、栽培する場所。
レタスは、夜間に光が当たると、日が長くなったと勘違いしてとう立ち(花芽がついて花茎が伸びること。葉が硬く、おいしくなくなる)してしまいます。
夜間に外灯の光が当たる場所を避け、プランター栽培では、室内の光がもれないようカーテンをひくなど注意しましょう。

サニーレタスの収穫方法は二通り。株ごと切り取るか、必要な分だけ外側の葉をかき取って収穫してください。
外側の葉をかき取ると株の内側の葉が大きく育つので、長く収穫を楽しめるのが魅力。その場合、追肥の1ヵ月後にもう1回、同量を追肥して肥料切れを防ぐと、1ヵ月ほど収穫期間を延ばすことができますよ。
【リーフレタス栽培データ】

キク科 ●畝のサイズ(※長さは自由)畝幅:70㎝、畝の高さ:5~10㎝、株の間隔:30㎝、列の間隔:45㎝ ●適正 pH6.0~6.5 ●土のpH調整(植えつけの2~3週間前)苦土石灰:100~150g/㎡ ●元肥(1~2週間前) 牛ふん堆肥:3ℓ/㎡、化成肥料(N-P-K=8-8-8):100~150g/㎡ ●気をつけたい病害虫:軟腐病、菌核病、アブラムシなど

 

リーフレタスの栽培カレンダー

リーフレタスは、菜園の彩りに、いろいろな品種を少しずつ育ててみるのも楽しいですよ。

この記事で紹介するリーフレタスの栽培カレンダーは、中間地・一季なり品種の場合。

※寒冷地
タネまき:3月下旬~4月下旬
植えつけ:4月上旬~5月下旬
収穫:5月中旬~7月上旬

※暖地
タネまき:2月中旬~4月中旬
植えつけ:3月上旬~5月上旬
収穫:4月中旬~6月中旬

※寒冷地・・・北海道、東北、新潟県、富山県、石川県、高冷地。
※中間地・・・福井県、関東甲信、東海、近畿、中国、九州北部。
※暖地・・・四国、九州南部、沖縄県。

 

リーフレタスの育て方

種まきや間引きなど、シーンごとにリーフレタスの育て方を解説していきます。

 

【2月下旬~4月上旬】種まき

穴の大きさ2~3cmのセルトレイを用意。
セルトレイに元肥入りのタネまき用培養土を入れ、平らにならします。

サニーレタスは種が小さいので、土の粒が細かい種まき用培養土が発芽しやすく、おすすめ。
育てたい株数が少ない場合は、株数に合わせてハサミでトレイを切ってください。

種をまくときは風で飛ばない場所で作業して。指で深さ5㎜ほどのまき穴を作り、1穴につき2~3粒ずつタネをまきます。

サニーレタスのタネは発芽に光が必要なため、ごく薄く土をかけること。タネが流れないよう、水を張った場所にトレイを置き、下から吸水させましょう。

【Point】畝にポリマルチを張って泥はねによる病気を防ぐ

リーフレタスなどのレタス類は、泥のはね返りが原因となる病気にかかりやすい野菜。

ポリマルチ(ポリフィルムのシート。地温上昇、土の乾燥防止などの効果がある)には、雨などによる泥のはね返りを防ぐ効果もあり、病気の予防につながりますよ。

 

【3月中旬~5月中旬】植えつけ・害虫対策

30cm間隔でマルチに植え穴をあけ、各穴に指で植え穴を作ってリーフレタスの苗を植えます。

畝に沿って50〜60㎝間隔でトンネル用支柱を差し、トンネルの骨組みを作って。上から防虫ネットをかぶせ、すそに土をのせて固定します。

 

【3月中旬~4月中旬】間引き

穴あきの透明なトンネル用保温シートか、穴をあけた透明なポリ袋をかぶせ、保温して育てます。
リーフレタスの本葉1〜2枚のころに間引いたら、本葉が3〜4枚になるまで育ててください。

3月、暖かくなったら保温用の資材を外します。

 

【4月上旬~5月下旬】追肥

マルチの各穴に、化成肥料を10〜15粒ずつまきます。基本的に、リーフレタスの追肥はこの1回でOK。

ただし、かき取り収穫をして長く楽しむ場合には、約1ヵ月後に同量を同じ要領で追肥して新しい葉を育てます。

 

【4月下旬~6月下旬】収穫

リーフレタスの草丈が30~40cmになったら収穫。
株ごと収穫する場合は、株の付け根に包丁を入れて切り取ります。

かき取り収穫する場合は、外側の大きく育った葉から順次、手で付け根か
らちぎり取って。
防虫ネットは、収穫終了までかけておいてください。

 

【Column】リーフレタスのプランター栽培のポイントは?

幅65×奥行き20×深さ20㎝の標準サイズのプランターに、30㎝間隔で2株。

育てる株数が少ないので、3月に出回るリーフレタスの市販苗を入手してもよいでしょう。畑での栽培同様に、植えつけ直後にアーチ状の支柱を立てて防虫ネットをかけ、すそを麻ひもなどで留めて害虫対策をしてください。

夜間に光が当たらない場所を選ぶことも大切。難しいなら、夜間だけ、段ボールなどをかぶせて遮光しましょう。

 

【リーフレタスレシピ】リーフレタスと豆腐の中華風炒め

収穫したリーフレタスを美味しくいただくためのレシピをご紹介!
加熱するのでかさが減り、 たっぷり食べられるはずです。

 

【材料】(作りやすい分量)

リーフレタス・・・4〜5枚

豆腐・・・150g

ショウガ・・・1かけ(せん切り)

ゴマ油・・・大さじ1/2

塩・・・少々

 

【作り方】

リーフレタスは、手で大きめにちぎる。豆腐は縦半分に切ってから、1㎝厚さに切る。

フライパンを強めの中火にかけてゴマ油を入れてショウガを炒め、香りがたったら1を炒め合わせる。塩で調味して器に盛り、水気が出ないうちに早めに食べる。

 

リーフレタスの栽培方法・育て方はいかがでしたか?
栽培方法をマスターして、たくさんリーフレタスを収穫してくださいね!

 

写真・万来舎・丸山滋/八木竜馬
イラスト/服部あさ美
構成、文、料理写真、料理監修/北村文枝

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。