ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仮想通貨を安全保管するハードウォレット「Ledger Nano」が進化して帰ってきた!

仮想通貨を保管し、それを持ち運ぶという人にとって最も重要なのは「安全性」だ。仮想通貨のオンライン管理は、常に流出の危険性が伴う。

それを防ぐために「ハードウォレット」というものが開発されている。これはオンライン接続機能のない仮想通貨管理デバイスであるが、2017年に「Ledger Nano S」という製品が日本上陸を果たし、話題になった。

そして今年、Nano Sの後継機種となる「Ledger Nano X」が発表された。従来の安全性を維持したまま、より便利な機能を備えた新製品である。

・Bluetooth機能が追加

まずはNano Xのデザインを見ていこう。前作のNano Sと大きく変わったのは、液晶画面とボディーが一体化した点だ。

よりすっきりした外見になっているが、半回転収納設計は変わらない。また、前作と同様USBポート(USB-C)を備えている。これを使ってPCに接続する仕組みである。

だがNano Xの場合は、これにBluetoothコネクトが追加されている。これにより、スマートフォン等のモバイル機器ともNano Xに接続できるようになった。一方で、Wi-Fi接続機能はない。先述の通り、この製品はネット接続をしないことが最大の特徴である。

・1000以上の銘柄に対応

Nano Xが対応している仮想通貨の銘柄は、2019年3月14日の時点では全1184種。Nano X1台で最大100種の銘柄を保存管理できる。

現在はLedgerの公式サイトでプレオーダーを受け付けていて、価格は1台1万5800円。国際配送の手数料は免除されるという。

Ledger

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy