ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水玉が滑る!流れる!『ガラス系ハイブリッドWAX Gガード(固形)』と『GガードNEO』は圧倒的な撥水性と耐久性を実現!

 

雨が降っても、クルマのボディが雨水を水玉にして寄せ付けない様は、何とも気持ちがいいもの。このたびワックスメーカーの株式会社リンレイ(東京・中央区)が新発売した『ガラス系ハイブリッドWAX Gガード(固形)(以下Gガード)』『GガードNEO』は、どちらも水玉が流れ落ちる圧倒的な撥水性を実現。しかも耐久性も抜群だという。その実力のほどを試してみた。

 

ハイブリッド効果で耐久性6ヶ月!

まずは固形ワックスの『Gガード』の動画を見ていただきたい。撥水性の良さがすぐにわかるはずだ。

ボディのわずかな傾斜でも、水玉が止まらずに流れ落ちる。これを“流動撥水”というようだが、記者も予備知識なしで、この『Gガード』を使いワックスがけをして、車体にかけた水がサーッと勢いよく流れ落ちる様子に、本当に驚かされた。

その秘密は、水をはじく高撥水成分HC-Rと、水玉の滑りを良くする滑水促進成分Si-Wをダブルで配合していること。これにより、ワックスメーカーの老舗・リンレイのカーワックス史上、最高レベルの撥水性を実現しているのだとか。

また、ガラス系のコーティング成分と高密着ポリマーのハイブリッド効果により、洗車機連続10回以上の耐久性を実現。施工後約6ヶ月間も撥水効果が長持ちするという。

固形ワックスタイプではあるが、ソフトで伸びが良く、また研磨剤が入っていないノーコンパウンドなので、キズ付きの心配がなく、全塗装色に対応しており、初心者でも安心して使用できるのである。

付属のスポンジでワックスを塗り伸ばし、マイクロファイバークロスなどで拭き取り仕上げをすると、光の反射が多くなり、艶やかなボディになるのを実感。これで6ヶ月の耐久性とは、なかなか嬉しい!

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。