ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

『ミスター・ガラス』早くも4月リリース M.ナイト・シャマラン監督が「最初は3時間20分の映画だった」と明かす[ホラー通信]

観たい。観たすぎる。

2019年1月に公開され、『アンブレイカブル』『スプリット』のファンを打ち震えさせた続編『ミスター・ガラス』のデジタル配信、ブルーレイ&DVD発売が4月に決定。M.ナイト・シャマラン監督のインタビュー映像が到着してます。

映像の中で、「最初は3時間20分の映画だった」と明かすシャマラン監督。しかし、長くなりすぎるという自身の判断で一時間以上もばっさりカット。2時間9分に凝縮された本編は、怒涛の展開に圧倒される大きなうねりのあるものでした。しかしどんなシーンがカットされてしまったのか気になってしまうのもファン心――その惜しくもカットされた映像はブルーレイのボーナスコンテンツとして収録されるようで、「特典映像は大量にあるよ!」と嬉しいコメントが。絶対観たいですね……。

また、ジェームズ・マカヴォイ演じる多重人格者の9歳の人格ヘドウィグが、ローラースケートで滑走するシーンについて、「ジェームズはローラースケートが苦手で、無茶な滑り方をして僕を不安にさせた。首の骨を折るかと思ったよ」と裏話を語っています。

シャマラン監督作ではおなじみとなっている監督本人のカメオ出演についても言及。「僕が映画に出るときは一番セクシーな役と共演するんだ。それが最も重要なことだから」と真顔でジョークを飛ばし、「いや、冗談だよ(笑)」と顔をほころばせています。おちゃめ。

緊急公開だった上に上映期間も短く、見逃してしまった方も多そうな『ミスター・ガラス』。ぜひ配信orブルーレイでご堪能あれ。あ、観るときは『アンブレイカブル』『スプリット』の予習必須ですよ!

概要

『ミスター・ガラス』
4月17日(水)先行デジタル配信開始
4月24日(水)ブルーレイ+DVDセット(4,000円+税)発売
http://disney.jp/mr-glass

<関連作品>『アンブレイカブル』 ブルーレイ(2,381円+税)、DVD(1,429円+税)発売中、デジタル配信中

(C)2019 Buena Vista Home Entertainment, Inc.

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき