ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【松本グルメ旅】ツレヅレハナコが呑んで知る、信州の美酒と美食

【松本グルメ旅】ツレヅレハナコが呑んで知る、信州の美酒と美食

食と酒と旅を愛する編集者・ツレヅレハナコさんの連載第5回目は、長野県松本市。信州ならではの美味を堪能します。
「そば、ジビエ、地酒、そして全国的に話題のクラフトビールやジャパニーズウイスキーも! 信州は昼も夜もおいしいものだらけで目移りしちゃいそう」と、ワクワクが止まらないハナコさん。特急あずさに乗って、いざ松本へ!

【行程】
特急あずさで、あっという間に松本へ
漬物や佃煮を肴に、そば屋で昼から酒を飲む
地元のそば粉を使った日本そばをシメに
信州の地酒が大集合! 人気の郷土料理居酒屋
信州名物「山賊焼」を地酒とともに
絶品の「松本一本ねぎ」と銘酒「大信州」
個性豊かな松本産クラフトビールを飲み歩き
松本ブルワリー直営店で、本日シメの一杯を
店主もハンター! 信州ジビエを堪能
理想の水から生まれた「森の蒸溜所」へ
お待ちかねの試飲。原酒と白州の飲み比べ

特急あずさで、あっという間に松本へ

「特急あずさ」と聞いただけで「♪8時ちょうどのぉ~」と脳内狩人が熱唱し始めるのは私だけではないはず……。今まさに「特急あずさ」で松本方面に向かっていますよ!(注:歌の時代とは、運行ダイヤとかいろいろ変わっております)
特急あずさ

快適な車内でビールでも飲んでいたらすぐ着きそうな近さ!

JR新宿駅から特急あずさに乗れば、2時間50分ほどでJR松本駅に到着。「意外と近いんだなあ」と思いつつ、まずはランチへ向かいます。長野といえば、もちろん、そば!

漬物や佃煮を肴に、そば屋で昼から酒を飲む

何軒ものおそば屋さんが目に入る中、週末の昼どきは行列も覚悟の人気店! 「野麦」へ。長野県・辰野町産の粉を使ったそばは、「もり」と「かけ」のみ(しかも夏季は、「もり」一択になるそう)という硬派っぷり……かっこいい! 「でもちょっと怖い店なのかしら」とドキドキしつつ、席に着きます。
真昆布の佃煮 椎茸の含め煮 五目おから

真昆布の佃煮、椎茸の含め煮、具だくさんの五目おから。ちょっと濃いめの味つけがポイントですね

「そば屋=昼からお酒を飲んでつまみ、シメにもりそば」派なので、まずはお酒から。
ニコニコ接客してくれるご主人(怖くなくてよかった!)によると、お酒を1杯頼むと、おつまみがひとつ付いてくるシステムだそう。「3杯飲みます!」と言ったらおつまみ全種を出していただけました。わーい。

1杯目は、地元で人気のクラフトビール「松本ブルワリー」の「セッションIPA」をいただきます。さわやかな苦みにフルーティーな香りで、1杯目にぴったり!
そば湯割り

とろーりそば湯割りは、そば屋飲みの醍醐味!

2杯目は、そば屋さんといえばの「そば湯割り」。とろりとした濃厚な湯と香ばしい風味がたまりません! あったまる~。

おいしいなあとしみじみしていると、ふと壁のメニューが目に入った。「稲刻菜(いねこきな)の漬物」って? 聞くと信州松本に伝わる葉もの野菜の漬物で、葉よりも茎がおいしい漬物だそう。ご主人いわく、「野沢菜に押されちゃってるけど、おいしいからね。自家製で毎年漬けているんです」。へー、食べてみたい!
稲刻菜の漬物

1 2 3 4 5 6 7次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき