ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

一松役・福山潤「同窓会に誘ってほしい!」と明かす 『おそ松さん』シリーズ通しての変化は自分の実感を入れて喋るようになったこと

TVアニメ『おそ松さん』の完全新作劇場版『えいがのおそ松さん』が、ついに3月15日より全国公開! 『えいがのおそ松さん』は、クズでニートないつも通りの大人の6つ子たちが同窓会に行ったことがきっかけとなり、迷い込んだ不思議な世界で18歳(高校生)の6つ子と出会う物語。

ビジュアルはすでに解禁となっていますが、高校3年生の6つ子たちは、大人の6つ子と少しキャラが違う! 今回は、皮肉屋で根暗な四男・一松役の福山潤さんにインタビュー。

18歳の一松を演じた感想や、TVアニメシリーズを通しての変化、福山さん自身の学生時代の思い出についても伺いました。

18歳の一松は自分と似ているところがあった

――初の劇場版ということで、最初に台本を手にした時は、やはりワクワクした気持ちで開いたのでしょうか?

福山:何をやらされるんだろう?が1つと、ちゃんとお客さんが納得いくようなものになるのだろうか?という、恐怖と不安が先でした(笑)。『おそ松さん』はTVシリーズからずっとそうだったのですが、台本を読んだだけじゃよくわからない。ストーリーはもちろんわかっていますし、どういう構成かも情報としてもらうんですが、みんなと一緒にアフレコして初めて「このシーンはこういう面白さになるんだ!」といった発見が必ず現場にあります。だから、それを計算して作っている藤田陽一監督と(脚本を担当している)松原秀さんはすごいなと思います。

――他の作品も台本を読んで恐怖感を感じることはあるのですか?

福山:皆さんの期待と同じように僕らも期待するので、どの作品においても恐怖感はありますね。好きだからこそ、希望も湧きますし。そういった意味で、今回の『えいがのおそ松さん』に関しては、信頼しつつも、どうなるか予想ができなかったので、少し不安や恐怖がありました。

――現場で面白さの発見があった部分というのは、具体的に挙げるとどんな点でしょうか。

福山:特に、18歳のチョロ松は声を聞かないとわからない部分はありました。文字で見ているとよくわからないんですけど、神谷さんがやったら半端なく面白い。他にも、『おそ松さん』は、よくパワーワードが出てきますが、今回ももちろんあります。文字情報で読んでいると普通に流れて行ってしまうんですけど、声に出した瞬間に面白いというものがあって、これが『おそ松さん』の侮れないところだなと思います。あと、サブキャラクターの破壊力が凄まじいです。トト子やデカパンだけじゃなくて、今回は18歳の頃の周りにいるキャラクターたちも破壊力がありますね。

――今回一松を再び演じて、改めて感じたことや好きだなと思った部分は?

福山:大人の一松と僕は似ているところがないと思うんですが、18歳の頃の一松は、18歳時代の僕と似ているところがあると感じました。

――では、18歳の一松に関してはとても演じやすかった?

福山:そうですね、自分としては普通でいるという事でしたから、苦労はなかったです。他のみんなはいろいろ工夫をしなきゃいけない中、僕は何も工夫していないので。普通の人を演じるという状態ですから、むしろ作らないほうがいいと思いました。

――自然に演じられたということですが、演じる上で意識した部分は?

福山:思ったようにやらせていただきました。あと、ちょっと周りのキャストさんには申し訳ないですけど、僕はずっとTVシリーズの頃から、みんなが演じたキャラクターが地続きでいてくれるから、一松に関して全然違うことをやっても成立すると感じていました。

例えば、TVシリーズであった「三国志さん」のときはカタコトで台詞をいう人物だったけれど、それでも一松だと思ってもらえたのは周りの5人が地続きのキャラクターをやってくれているから。「十四松パン」のときにやった(ティンカーベルをモチーフにした)ティンカーイチも、まったく一松の要素ゼロだったのに一松だと思ってもらえたし、「じょし松さん」も一松だけキャラクターを大胆に変えているんですよね。でも、周りの5人のキャラクターがしっかり残っているから、残りの1人だよね、と認識してもらえる。なので、今回の劇場版でも18歳の6つ子でわーっと一斉に喋っているシーンがあるんですけど、1人だけ聞き慣れないやつがいると感じたら、それが一松です。

――台本を読んだ時点では一松の想像がつかなくて……。

福山:18歳の一松は、僕が普通の人を演じているときの雰囲気だと思ってください(笑)。みんなとのバランスはもう肌感覚でなんとなくわかりますし、他の人たちが演じる年齢感を見て、自分も合わせていきました。キャラクター同士が絡む部分に関しては、ある程度想像ができるんですけど、このメンバーは想像を越えてくる演技をしてくる人達なので、現場で楽しませてもらっています(笑)。なので、『おそ松さん』に関しては家で声を出して練習することはせずに、声を出すのは現場で、というやり方をしています。動画をチェックしているときも、口をパクパクさせてタイミングを取るだけで、声はあまりださないでやっています。現場での化学変化もありますし、現場で初めて挑む感覚を大事にしようかな、とTVシリーズのときから心がけています。

――今回の収録を終えての印象は?

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき