ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

狭さに勝つ!クローゼットの収納術【プロ監修】

狭さに勝つ!クローゼットの収納術【プロ監修】

「ウォークインクローゼット内がごちゃごちゃで、服がシワだらけ・・・」。そんな片づけビギナーさんの悩みを解決すべく、プロにとっておきのクローゼット収納術を伝授してもらいました。クローゼット内が使いやすくなるはず!
鈴木久美子

整理収納アドバイザー1級、住宅収納スペシャリスト。夫と2人の子供と神奈川県の3LDKマンションで暮らす。Webメディアでの記事執筆、整理収納セミナーなど多方面で活躍中。
鈴木久美子さんのHP

鈴木さんのクローゼット収納術

人が一人立てる程度の広さのウォークインクローゼットを夫婦でシェアしている鈴木さん。

画像から見て手前左がご主人、奥が鈴木さんとゾーニングしているのもポイントだそうです。
限られたスペースでもすっきりとした空間にしている秘密を探っていきましょう!

 

【クローゼット収納1】ハンガーポールの洋服は色で分類

左から右へグラデーションになるよう洋服をかけています。
ショップのようにおしゃれな見た目になるから、クローゼットを開けるのも楽しくなりそう!

「自分が持っている洋服の色が一目でわかるようになれば、同じ色の物ばかり買ってしまうことも減りますよ」(鈴木さん)

またハンガーはニトリの同じ形の物で統一し、スペースの節約をしているのもGood。

 

【クローゼット収納2】壁にタオルバーをつけて収納力アップ!

ウォークインクローゼット内の壁の空きスペースに、タオルバーをDIYで取り付けて。

パッと取れる位置だから、洋服ブラシや消臭スプレー、ご主人が毎日身に着けるベルトなど、使用頻度の高いものを吊り下げています。

フックはズレ落ちにくい無印良品のものを選んで。

 

【クローゼット収納3】衣装ケース内はカゴで間仕切り

幅広な収納ケース内は、間仕切り替わりにプラスチックのバスケットを入れています。
ご主人の靴下は、休日用・仕事用で分け、探しやすくして。

「すべての物を、上から見て分かる状態に収納しています。洋服だけでなく、靴下やハンカチもたたんだ輪の部分を上にするのが、スッキリ見えるポイント!」(鈴木さん)

 

【クローゼット収納4】予備ハンガーはポールにかけない

使っていないハンガーは、クローゼット床の空きスペースに置いてある無印良品のボックスへ。

「薄いとはいえ、何本もかかっていると、ハンガーポールがぎゅーぎゅー詰めになってしまいます。ハンガーを減らすだけで、かなりスペースの節約になりますよ!」(鈴木さん)

 

【クローゼット収納5】一緒に使うものは同じ場所にセットして

使用頻度の少ない冠婚葬祭グッズは、1つのボックスに入れ、クローゼット上の棚に収納。

「数珠や袱紗など、いっしょに使うものはまとめて収納すると便利です」(鈴木さん)

 

【Column】子供のクローゼットにも一工夫!

子供部屋のクローゼットも拝見。

部屋着や脱いだ服を一時的に入れる緑色のバスケットがポイント!

「しまわないものはココに放り込んで、と子供に伝えたら、ベッド上や洗面所などに脱ぎ散らかす回数も少なくなりましたね」(鈴木さん)

また、収納ケースのラベルもイラスト付きで文字の大きいタイプを選び、子供が探しやすくしているのもGood。

 

クローゼットの収納術はいかがでしたか?
スペースが限られていても、工夫次第できれいなクローゼット空間を保てます。ぜひお試しあれ!

撮影/菅井淳子

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき