ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SUINA室町に「&COFFEE MAISON KAYSER」がオープン


フランスの伝統的な製法を守るベーカリー「メゾンカイザー」は、京都経済センターの商業施設「SUINA(すいな)室町」に「&COFFEE MAISON KAYSER(アンドコーヒー メゾンカイザー)」を3月16日(土)よりオープンする。


「&COFFEE MAISON KAYSER」は、「メゾンカイザー」が誇るクロワッサンやデニッシュとのマリアージュを追求したオリジナル焙煎コーヒーやオリジナルティーなど“食”に特化した新提案を「&」で表現するブランド。今回オープンするSUINA室町店で4店舗目となる。


店頭で提供されるコーヒーは2種類のオリジナルブレンド。

「&COFFEEブレンド」は、クロワッサンにベストマッチする上品な香りと酸味と苦みのバランスを重視し、エチオピア産最高級豆G1の豆をブレンドしたもの。フランスで好まれる少し濃いめのフレーバーで、フルーティーな口当たりだ。

「MKブレンド」は、深く焙煎したストロングな口当たり。価格はいずれもMサイズ/350円(税込)・Lサイズ/390円(税込)。


今回の京都初出店を記念して、「HANJUKU KYOTO (EGG with Onion saute & Bacon Danish)」450円(税込)もSUINA室町店限定メニューとして登場。サクッとろ~の食感がたまらない「HANJUKU KYOTO」は、とろける半熟卵に甘味のある飴色オニオンソテーとベーコンを添えて、クロワッサン生地で包み、チーズを乗せて焼きあげた特製デニッシュだ。


定番フードメニューのクロワッサンサンドに使われるクロワッサンは、店内で焼き上げる。希少な高級発酵バターを使用し、芳醇な香りが特徴だ。

「ハムとハムとチーズ」580円(税込)は、大山カントリーロース、モルタデッラハムとエメンタルチーズのサンドイッチ。

「燻しサーモンとアボカド」680円(税込)は、スモークサーモンにハーブと合わせた北海道産クリームとピンクペッパーをアクセントにした香り豊かなサンドイッチ。


その他にも「デニッシュトースト」も種類を豊富に取り揃える。 


オープン当日には、500円(税抜)以上購入の先着500名にオリジナルタンブラープレゼントする「&CAMPAIGN」も実施する。

■「&COFFEE MAISON KAYSER SUINA室町店」
住所:京都府京都市下京区四条通室町東入ル函谷鉾町 78番地 1F

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy