ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水族館スタッフ溺愛の生物を紹介!「私の愛するいきもの展」


「すみだ水族館」と「京都水族館」の両館では、両水族館で働く飼育スタッフが溺愛するいきものへの愛と魅力をさまざまな手法で紹介する「私の愛するいきもの展」を3月15日(金)~4月21日(日)に開催する。


館内では“愛”をテーマに、水族館飼育スタッフに対する「心から愛するいきもの」アンケート結果に基づくいきものの展示や体験プログラム、飲食の限定メニューなど、いきものをさらに間近に感じられるコンテンツを展開。


「すみだ水族館」では、体の表面から出される粘液で部分的に砂をかぶる習性がある「クロナマコ」と、


フジツボや貝殻などを巣穴にするという「ナベカ」を、


「京都水族館」では、強く刺激されると粘着性の強い内臓を吐き出すことで外敵を威嚇する「ニセクロナマコ」と、80本程度の触手と非常に強い毒を持つ「カギノテクラゲ」を、期間中に1種類ずつ展示。


飼育スタッフが自ら描いたイラスト付き解説パネルの掲示や、ゆっくりとした動きが特徴の「クロナマコ」「ニセクロナマコ」を24時間撮影したタイムラプス(低速度撮影)映像の放映など、いきものの可愛らしい様子が伝わる工夫を取り入れている。


また、すみだ水族館には「とびだす!3種のナマコパフェ」600円(税込)が、


京都水族館には「偽『ニセクロナマコ』ロール』480円(税込)が登場。飼育スタッフが監修し忠実に再現したという限定メニューは、見た目の楽しさもバッチリだ。※どちらもなくなり次第終了

■「すみだ水族館」
住所:東京都墨田区押上一丁目1番2号 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F

■「京都水族館」
住所:京都市下京区観喜寺町35-1 (梅小路公園内)

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。