ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

机の上をケーブルフリーにするワイヤレスチャージャー「ENERQi」はミニマリストに最適

ワイヤレスで充電できるスマホが増えて、それに伴いワイヤレスチャージャーも数多く商品化されている。マットタイプ、スタンドタイプなどデザインはさまざまで、そこに置くだけでスマホを充電できる。

しかしいずれもチャージャーからケーブルが伸びている。そうではなく、机の表面を完全にワイヤレスチャージャー化できる「ENERQi」が登場した。

・マジックのよう

ENERQiは机の天板裏に取り付けるタイプ。天板の厚さ4センチまでならオフィスのデスク、コーヒーテーブル、チェストなど、あらゆる表面をワイヤレスチャージャー化する。

仕組みはいたってシンプルで、ENERQiを天板裏にくっつけてケーブルをコンセントにつなぐだけ。ENERQiをくっつけた部分の表面がそれだけでチャージャーになる。そしてそこにスマホを置くと充電できる。

何もないところにスマホを置くだけで充電できるなんて! と仕組みを知らない人には、まるでマジックのように思えるはずだ。

・ミニタイプも

ENERQiのメリットは当然、机の表面をすっきりとさせられること。天板裏につけるのでENERQiの存在もケーブルも目にすることはない。加えて、ENERQiでは10Wでの急速充電にも対応する。

ENERQiは直径15.85センチ、厚さ2.2センチの円盤デザイン。また直径10.2センチ、厚さ1.4センチの小さなバージョン「nano」も用意されている。ただしnanoは天板の厚さ1.5センチまでの対応となる。

ENERQiは現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中だが目標額を大きく上回る人気ぶりだ。出資額はENERQi通常サイズが69ドル(約7700円)〜、nanoが49ドル(約5500円)〜。4月18日まで受け付け、締め切り後すぐに発送が始まる見込みだ。

ENERQi/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy