ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

崎山つばさ「植田圭輔は赤ちゃんみたいな人」危険な撮影現場の裏側も!映画『クロガラス』初日舞台挨拶レポ

2.5次元舞台で活躍する崎山つばささんの映画初出演にして初主演作『クロガラス』の公開初日舞台挨拶が3月9日に行われ、崎山さん(黒斗役)をはじめ、植田圭輔さん(悠哉役)、最上もがさん(日菜役)の3名が登壇しました。

本作は、金さえ払えばどんな危ない仕事も引き受ける解決屋“クロガラス”の3人が金と欲望渦巻く新宿歌舞伎町を舞台に裏社会のトラブルを解決する東京アンダーグラウンド系アクションエンターテインメント。

崎山さんが、「僕にとって初主演映画ということなので並々ならぬ思いで撮りました」と挨拶すると、続く植田さんが「崎山さんの並々ならぬ想い、ひしひしと感じておりまして。この3人でしか出せないような関係性だったり、お芝居の作って行き方がちゃんとあって、印象深いです」とコメント。

しかし、最上さんが「ステージに入ってくる順番が本当は崎山さんが一番最初だったのに、植田さんが調子にのって最初に入って行って。いやいや、主演じゃないじゃんと思って(笑)」と暴露! 植田さんは「いや~、やっぱり一番が好きらしいですね。並々ならぬ想いがあって(笑)」と返し、和やかな空気でイベントがスタートしました。

ひっくり返る机にチェーンソー……の危険な撮影現場!?

――印象的なシーンは?

崎山:僕は机を蹴飛ばすシーンがあるんです。普段からよく蹴飛ばすんですけど。

植田&最上:ヤバ(笑)!

崎山:『クロガラス』の黒斗といえば机を蹴る、みたいなイメージを監督と話していて、けっこう蹴っていたんですよ。その度にスタッフさんが4人くらいでバーン!と机をひっくり返してくれて、蹴る度にもがちゃんがビックリしていました。

最上:本番なら大丈夫かなと思っていたし、ビクッとしちゃいけない役なのに、毎回恐くて。本当に人を殺めているんじゃないかみたいな勢いでやるから、あれはちょっと恐かったですね。でも、本番は頑張ったのでたぶんビクッと動いてないと思います。顔はひきつっているかもしれないですけど(笑)。

植田:僕は人生で初めてチェーンソーを握ったんですよ。ちゃんと本物だったので、本当に取扱い注意でした。夜中の2、3時くらいにあのシーンが来て。

最上:チェーンソー不機嫌タイムもあったもんね。

崎山:チェーンソー待ちね。

植田:チェーンソーの機嫌がめちゃくちゃ悪くて、なかなか電源が入らないこともあったりして苦労したので、印象深いですね。

――これからチェーンソーを使う人に向けて注意点などありますか?

植田:あれは人に向けるものじゃありません! 気をつけてください。

最上:本当に朝早くから撮影して、深夜3時くらいになってくると、みんなセリフが噛み噛みになって言えないんですよ。解決屋の事務所でのシーンが多かったんですけど、けっこう長回し(ワンカット撮影)が多かったりして、自分のセリフがなくてもその場に居なきゃいけないし、リアクションをしなきゃいけないシーンで、植田さんが顔が映っていないところでずーっと寝ていて。だから、もしかしたら後ろ姿は寝ているかもしれない。『あ、ここ寝てるかもな』と思って次から観てほしいです。

――撮影エピソードを教えてください。

最上:植田さんはどうにかして寝ちゃいけないから、ずっとぴょんぴょん跳ねたりしてました。「跳ねたら元気でるじゃん?」って言って。

植田:だから、俺は割りと悠哉まんまだよね。

――それだけ過酷だったということですね。

植田:僕は全然平気でしたよ。

最上:いや、一番寝てたから!

崎山:(植田さんは)もう赤ちゃんみたいな人なんですよ。バーッと喋って、気づいたら寝てるみたいな。

最上:
本当に。さっきまで喋ってたのに!って。

植田:たしかにそうかもね(笑)。

――解決屋チームの仲良さが今のトークで感じられます。

植田:割りと短い期間でギュッと仲良くなったよね。

最上:そうだね、あのときだけね!

崎山:こわっ!

植田:仕事人だな(笑)!

めちゃくちゃ当たる「裏社会耐性心理テスト」に震える3人

裏社会の濁流に飲み込まれた人間の本性や隠された欲望があらわになる本作にちなみ、3人の本性をあらわにする「裏社会耐性心理テスト」を実施。事前に答えた心理テストの結果が発表されました。

結果がスクリーンに映し出されると、発表されると会場からは笑い声が。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき