羽生結弦に出会って人生変わった!「時空が歪んで異次元に迷い込んだ」「原始時代で電気見たみたいな衝撃」 応援費用に500万円使うも「肌艶も良くなるし、実質タダみたいなもの」

access_time create folderエンタメ

3月6日放送の『ねほりんぱほりん』(NHK Eテレ)で、人生を変えた出会いを経験した人・自分の人生を捧げるほど好きなものがある人の中でも『羽生結弦で人生変わった人』を取り上げ、熱心なファン3名をゲストにトークを繰り広げた。

フィギュアスケート選手の羽生結弦選手のいつも全力な姿を見て人生が変わったという3人は、「灰色の世界がピンク色になった」「出会っていなかったらただのヤンキーだった」とその変化を語る。

ヘルスコンサルタントのユミコさんが一番変わったことは、離婚をしたこと。「この人は違うな」と、もともと離婚を申し出ていたが受け入れてもらえず、疲れてしまって離婚を諦めていたところ、「常に全力、常に純度100%の羽生選手を日々見ていたら、私自身もピュアでいたいという想いが溢れてきて、結婚生活を続けたら私の人生が嘘になると思って。『そこまで言うならわかった』と受け入れてもらえた」と話した。さらに、離婚が決まった後は、夫から羽生選手に関して「あいつすげーよな」などの会話が増え、むしろ仲良く円満離婚に至ったそうだ。

高校生の頃は不良で警察に補導された経験もあったメイさんは、高校3年生の2月に羽生選手の活躍する姿に出会い、人々を勇気づける羽生選手のように人の役に立ちたいと思い、介護の専門学校に行くことを決め、現在介護士として働いている。

主婦のハルさんは、羽生選手と出会う前は育児ノイローゼで、物に当たったり、市役所に相談に行ったりもしたが、羽生選手のことを考えるだけで落ち着くようになったという。ノイローゼ状態の時は、自分は楽しみが何もなく、子供を育てていくだけで一生終わってしまうのかとネガティブな考えに囚われていたが、羽生選手と出会い、「自分の人生の時間の使い方を考えられるようになり、子供の大切さもわかった」と、救われたことを明かした。

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧