ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

畠中「歌もプリズムショーもとにかくヤバい!」 『KING OF PRISM ‐Shiny Seven Stars‐I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ』初日舞台挨拶レポート

3月2日、新宿バルト9にて『KING OF PRISM ‐Shiny Seven Stars‐I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ』初日舞台挨拶が行われました。

『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』は、劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(2016年1月9日公開)、劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』(2017年6月10日)に続く、“KING OF PRISM”シリーズの最新作。

本日の初日舞台挨拶には、寺島惇太さん(一条シン役)、斉藤壮馬さん(太刀花ユキノジョウ役)、畠中祐さん(香賀美タイガ役)、八代拓さん(十王院カケル役)、五十嵐雅さん(鷹梁ミナト役)、永塚拓馬さん(西園寺レオ役)、内田雄馬さん(涼野ユウ役)、蒼井翔太さん(如月ルヰ役)が登壇。 8人が揃うのはた昨年6月に開催された『KING OF PRISM Rose Party 2018』以来約9か月ぶり。

また、舞台挨拶は全国30館でのライブビューイングも実施され、全国各地にプリズムの煌めきが届けられました。

舞台挨拶が始まり、「本作品の魅力は?」と聞かれた寺島さんは開口一番「超面白い!」と太鼓判。「自宅で何度も観ていて気付いたらセリフを覚えるぐらい観ていた」とコメントしました。内田さんも「シリーズを応援頂いた方にはより楽しんでいただける」と“プリティーシリーズ”としての魅力も込めて語りました。

“KING OF PRISM”シリーズの3年間を振り返って、八代さんは「1作目も劇場からスタートしたので、このシリーズも劇場からスタートできるのが嬉しい」と劇場公開への想いをコメント。蒼井さんは「ライブに出演させていただいた際に、ファンのみなさんから直接たくさんの愛を頂きました」とファンのみなさんから頂いた愛について語りました。

また、今作は各キャラクターを掘り下げたストーリーとなっており、今回は太刀花ユキノジョウと香賀美タイガがメインとなっています。ユキノジョウを演じる斉藤さんは「いままでキャラクターの背景や内面が描かれていませんでしたが、今回多く深掘りされています。今作を観て前に戻って“このシーンはういう想いが込められていたのか”と楽しめる作品になっています。あと、ユキノジョウにたくさんセリフがあってよかったです」とコメント。

タイガを演じる畠中さんは「歌もプリズムショーもとにかくヤバいです! 新曲がどっちも激アツでした!」と作中のライブについてコメント。続けて「ネタバレになるので言えないんですが、“あの人”との出会いにも注目していただければ」とも。誰との出会いなのかは、ぜひ劇場で確認してみてください。

続けて永塚さんにコメントを求めると「ワシら……」という発言が飛び出し会場爆笑。永塚さんの一人称が普段“ワシ”なのだとか。作品については「前作まではOver The Rainbowがメインでしたが、今回は新入生7人に見せ場があってプリズムショーもすごい」とコメント。さらに五十嵐さんが「1回、1回がすごく凝縮されています」と作品の濃さについてコメントしました。

最後に、各登壇者からの見どころを含めたメッセージが送られ舞台挨拶は終了しました。

蒼井:日頃みなさんから頂いている愛をこの作品に全力で詰め込みました。
内田:新しい劇場版で“キンプリ”の世界がググっと広がっていきます。
永塚:推しのスタァのかっこいい姿、可愛い姿がいっぱい観られる色とりどりな作品です。
五十嵐:ジャンプと声援が素晴らしい作品です。みんなでジャンプしていこうぜ!
八代:ここまで届けてくれてありがとうございます。自信をもって愛していただける作品になったと思います。
畠中:待っててくれてありがとうに尽きます。この作品を観て広めてほしいと思います!
斉藤:我々はプリズムの煌めきをお届けすることをシリーズ通してやってきました。誰もが最初から輝けるわけではなく、苦しみや挫折を乗り越えた先にある最高のジャンプをご覧いただきたいと思います。
寺島:演者もスタッフも一丸となって最高のジャンプを作品に込めました。今年1年はキンプリ一色にガッツリ楽しんでいただけたらと思います。

『KING OF PRISM ‐Shiny Seven Stars‐I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ』作品概要

・KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 劇場編集版 I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ
・KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 劇場編集版 II カケル×ジョージ×ミナト
・KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 劇場編集版 III レオ×ユウ×アレク
・KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 劇場編集版 IV ルヰ×シン×Unknown

I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ ストーリー

エーデルローズからプリズムキングカップに出場し、未来のプリズムスタァの片鱗をのぞかせた一条シンは、この春、華京院学園高等部に入学し、高校1年生となった。Over The Rainbowのコウジ、ヒロ、カヅキはエーデルローズから独立し、新事務所を設立。忙しい日々を送っていた。そんな中、プリズムキングをヒロに奪われ、エーデルローズを目の敵とするシュワルツローズ・法月仁総帥は、プリズムキングに変わる新たな王を決める「PRISM.1」を提唱。シュワルツローズVSエーデルローズの対抗戦を行うと発表する。それぞれが「PRISM.1」への出場を控える中、ユキノジョウは歌舞伎とプリズムショーの間で揺れ、どちらも思い描く理想に近づけず大きな悩みを抱えていた。父は、そんなユキノジョウの姿に「プリズムショーから足を洗え」と言い放つ…。プリズムスタァを目指す彼らが抱える、悩みや葛藤を描き、 プリズムショーが彼らの心を映していく。圧巻の映像美で描くプリズムショーがあなたの心を魅了する。

※本作は、TV版第1話~第3話の劇場編集版となります。
劇場版では、TV放送では放映しない特別映像を週替わりで上映いたします。

■公開日
3/2(土)~ I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ 上映時間:70分
3/23(土)~ Ⅱ カケル×ジョージ×ミナト 上映時間:71分
4/13(土)~ III レオ×ユウ×アレク 上映時間:71分
5/4(土)~ IV ルヰ×シン×Unknown 上映時間:71分

TVアニメ「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」 放送局&日時
テレビ東京、テレビ愛知 4月8日から毎週月曜深夜1時35分放送開始
テレビ大阪 4月8日から毎週月曜深夜2時05分放送開始
BSテレ東  4月10日から毎週水曜深夜0時30分放送開始
※放送日時は変更となる場合があります

劇場公開表記:「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」劇場編集版 大ヒット上映中<全4章連続公開>
HP http://kinpri.com/  Twitter @kinpri_PR [リンク]
コピーライト(c)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムSSS製作委員会

srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき