ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

食べたい! 全部食べたい!『魚ジャパンフェス2019』が海産物天国だった

日本各地の魚介料理、ご当地メニューが味わえる『魚ジャパンフェス2019』が代々木公園イベント広場で開催されました。

会期は2019年3月1日(金)~3日(日)。入場は無料、飲食は1セット2000円分のチケットもしくは各種電子マネーが使用できます。

初開催となるこのイベントに出店している店舗は“SAKANAエリア”、“ご当地JAPANエリア”、“福島を食べようエリア”の3つに分かれています。今回はSAKANAエリアを中心に魅力的な魚介料理を紹介してみたいと思います。

※本記事は写真記事となります。すべての写真が表示されない場合はこちら

勝男さんのかつサンド

まず最初に訪れたのは『シーラック』ブースの『勝男さんのかつサンド』。以前の記事でも紹介した静岡・焼津のご当地メニューです。

知ってる人は必ず買うやみつき静岡みやげ『バリ勝男クン。』を使った絶品ご当地グルメが東京に初出店! 前回は3時間で完売 | ガジェット通信
https://getnews.jp/archives/2125439 [リンク]

薄い衣をまといたたき風に揚げられたカツオをサンドしたこの商品、以前のイベントでは午前中の3時間で完売してしまったという人気メニューなのです。今回は限定の1500食が残っているうちに食してみたいと思っていました。

衣には同社のかつおぶしチップス『バリ勝男クン。』をブレンド。ソースはオニオンとだし醤油とバター、トマトが使用されています。

出来上がった『勝男さんのかつサンド』、柔らかなパンと衣のザックリとしたクリスピー感、そして中心はレアに仕上げられた肉厚なカツオのもっちりとした食感のコントラストが楽しいです。

その後に続くのはしょう油の風味あるオニオンソースの深みある美味しさとカツオ自身が持つうま味の波。衣からもカツオの身からも、濃厚な魚の美味しさがあふれ出てきます。

『かつポテト』はだし塩味。こちらにもバリ勝男クンがふんだんにまぶされています。ポテトにカツオの味がなじみ、今までにないポテトフライとなっています。日常的に食べたい!

しじみ檸檬ラーメン

お次にいただいたのは『鉄板ダイニングだんらん』ブースの『しじみ檸檬ラーメン』。

大量のしじみと白髪ねぎ、たけのこ、そして檸檬がトッピングされています。「健康にも良く美味しさの面でもマッチングする」ということでレモンが乗っているそうです。

スープは想像以上にしっかりとしじみのダシが出ていて、貝好き、ダシ好きとしては大満足。濃いうまみのスープがなめらかなちぢれ麺によく絡み、すする手が止まりません。

澄んだうま味にレモンが絡むと、柑橘系の持つさわやかさがしじみスープと実にかみ合い、洗練された味わいに変化します。気づけばあっという間に完食。罪悪感ゼロのラーメンでした。

1 2 3 4次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき