「どれがお好みですか?」 5種類の乗車メニューを差し出すUberの運転手が話題

access_time create folderエンタメ

日本では今一つの状態がしばらく続いているようですが、アメリカではすっかり日常的なサービスとして認知されている配車サービスの『Uber』。シアトルのある『Uber』運転手がお客さんに手渡した乗車メニューが話題となっています。


https://twitter.com/LuisLovesGoats/status/1100139542995058688
「昨晩、Uberの運転手がくれた乗車メニュー」というツイートと共に投稿された写真は、38才の『Uber』運転手、ジョージさんがお客さんに渡す乗車メニューです。この乗車メニューには5種類のメニューが記載されています。

面白い話でお客さんを笑わせてくれるThe Stand Up(お笑い)
お客さんと一言も会話をしないThe Silent Ride(無言)
お客さんの悩みを聞くThe Therapy Ride(悩み相談)
無言のままバックミラーで時々目を合わせるだけのThe Creepy Ride(不気味)
お客さんに失礼な言動をしまくるThe Rude Ride(無礼)

このツイートに対し、「僕なら“悩み相談”を選ぶな」、「乗車した時よりはるかに良い気分で降車できるのって……やっぱり“悩み相談”かなあ」、「どういう空気になるかわからないけど“無礼”を試してみたい」、「“あおり運転”ってメニューにないの?」、「“無言”が一番で常に五つ星だよ」、「僕が“悩み相談”を選んだら、ジョージは最低30分は運転し続けないと……」、「ジョージは経営者にカスタマーサービスとはなんぞやと教えられるね」、「Uberに運転手を選べるオプションがあればいいのに」といった声が寄せられると共に、50万件以上のいいねがつけられています。


https://twitter.com/uber_george/status/1100511421253570560
こちらがジョージさん本人です。

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/LuisLovesGoats/status/1100139542995058688

※ソース:
https://www.forbes.com/sites/fernandoalfonso/2019/02/26/uber-drivers-menu-draws-thousands-of-laughs-with-selections-like-silent-ride-creepy-ride/#7e5ee5d03c72

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧