ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • レイがいる島はどこ? カイロ・レンってどんな子だっけ? 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』特報映像をおさらい
  • 山寺宏一さんが“あの騒動”にコメント? 「声優にスキルは必要!」
  • 【朗報】『アナ雪』新作は上映時間22分 ピクサー最新作と同時上映だけど短編じゃない!
  • アンニュイな表情にキュン! 『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーン様がカッコよすぎる
  • 映画『X-Men: Apocalypse(原題)』、初の予告映像がオンラインで公開
  • 世界中のキティファンのテンションも株価もアゲアゲ 『ハローキティ』映画化のニュースで
  • 肉(29)の日スペシャルレシピ! スパイスたっぷり本格タンドリーチキンを女子会で♪
  • 世界初!? 中国語を話す宇宙人の謎に迫る『宇宙人王(ワン)さんとの遭遇』
  • 本格剣アクション・殺陣に挑戦!『アイアンガール ULTIMATE WEAPON』明日花キララインタビュー
  • 『セル』監督インタビュー「スティーブン・キングは原作よりもダークなラストを映画で実現した」
  • 正体不明の襲撃者。水なし・武器なし・逃げ場なし……88分間の逃走劇『ノー・エスケープ 自由への国境』
  • 【今週公開のコワイ映画】2017/1/28号:未体験ゾーン2017『ゾンビサファリパーク』『ザ・シェフ 悪魔のレシピ』ほか
  • キュアブラック&ホワイトの勇姿ふたたび! 『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア』2018秋公開決定
  • 関智一の色相は? 野島健児は免罪体質!?『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』公開記念インタビュー
  • プーとじゃれるユアン・マクレガーがかわいすぎ!『プーと大人になった僕』メイキング動画
  • 【動画】「私の彼氏は超絶イケメン」と嘘ついた結果www  『オオカミ少女と黒王子』特報映像[オタ女]

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

佐藤永典「シェイクスピア作品をやりたい!」デビュー10周年記念 撮り下ろしインタビュー

俳優・佐藤永典さんが、デビュー10周年となる2019年、アニバーサリーイヤーに、カレンダーを発売。『佐藤永典カレンダー2019.4-2020.3』を自身の誕生日である2月14日(木)に発売し、当日はHMV&BOOKS SHIBUYAにて記念イベントを実施しました。

2008年にミュージカル『テニスの王子様』でデビューし、2010年には映画『君へのメロディー』で主演を務めた後、『ライチ☆光クラブ』『帝一の國』『GANTZ:L』『男水!』など注目のミュージカル・舞台に多数出演している佐藤永典さん。

フォーマルな姿やラフなスタイル、着物姿まで! 様々な佐藤さんの魅力の詰まったカレンダーの見どころと10年間のお仕事を振り返ったインタビューを、この記事だけの撮り下ろし写真を交えてお届けします!

「恥ずかしかったけど楽しかった」

――今回、10周年記念でカレンダー発売となった心境を教えてください。

佐藤:何年も前にカレンダーを出したことはあったんですけど、今回10周年で、しかも誕生日に発売させてもらうことになって嬉しかったです。

――久々のカレンダー撮影はいかがでしたか?

佐藤:(役柄ではなく)自分の素の姿でたくさん撮影するというのはあまりないので、最初は少しドキドキしました(笑)。撮影は1日で行ったんですけど、時間のない中で素敵な衣装や髪型もアレンジしていただいたり、いろいろやってくださって嬉しかったし楽しかったですね。

――撮影のエピソードを教えてください。

佐藤:東京タワーに撮影に行ったら、ちょうどハート型にライトアップされていて、今観るとタイミングが良かったなと思います。あとは、バラの花束を差し出しているカットの撮影は恥ずかしかったです(笑)。

――こういったシチュエーションの写真の撮影はあまり経験がないですか?

佐藤:普段こんな写真撮らないですよ。こんなこと生涯で絶対しないですもん(笑)。今まで役柄としてもあまりこういった役はないんですよね。

――キラキラした役が少なめかもしれませんね。

佐藤:最近あまりやっていないかもしれないです。この前までやっていた舞台『いえないアメイジングファミリー』では、ピュアで一途な男の子をやらせてもらいましたけど、その他だと、闇を抱えている役が多いかも(笑)。だから、写真でこういったことが出来て、恥ずかしかったけど楽しかったです。

――印象に残っている撮影カットは?

佐藤:2月のワイシャツでネクタイを緩めているサラリーマン風のカットは、あまりやったことがないので難しかったです。写真で撮ると自然に見えなかったらしくて。やっぱり上手い人は違うんだなと思いました。自分では向井理さんをイメージしたんですけど、なかなか僕は向井理さんになれなかったので、スタッフさんに伝わっていなかったみたいですね(笑)。あとは、サングラスがすごい好きなんですけど、プライベートでかける勇気がないから、仕事でかけられる時がすごく嬉しい!(※5月のカット)

――プライベートでは、勇気がでないんですか(笑)?

佐藤:まだちょっと恥ずかしいんですよね。でも、みんな普通にサングラスをかけてくるじゃないすか。それを見て、「いいな」と思うんですよ。だけど、自分がかけるとなると、ちょっと「どう思われるのかな……」と思っちゃったり。なんか、恥ずかしいんです。だから、仕事でサングラスをかけた写真が撮れることが嬉しいんです。スカジャンを着たちょっとやんちゃなシリーズも撮らせていただいて楽しかったです。普段はダメージジーンズにスカジャンのような服装はまったくしないので、今回ならではで良かったなと思います。

「言葉や意思を伝える作品をやりたい」

――デビューから10周年の活動を振り返ってみて。

佐藤:こんなにいろんなことが出来て良かったなと思います。もちろん、「こうなりたいな」と思った自分になっているかと言ったら、悔しい思いをした回数の方が多すぎますけど、やりたくても出来ない人もいる中で、ここまで来て今回イベントもやらせてもらえることにとても感謝をしています。そして、昔はがむしゃらで考えられなかったけど、10周年はいろいろなことを考えるきっかけになったな、と思っています。次は何をするのか、こうしていくのか、など、考えて行動していきたいなと思います。

――この10年間で印象的なお仕事は?

佐藤:まず、舞台というものをまったく知らずに事務所に入って。舞台ってこういうものなんだ!ということ自体が僕には衝撃でした。ミュージカル『テニスの王子様』(2008年)のチームでは年も下の方で、わけもわからずやっていました。でも、最初に踏み出したのがあの舞台だったことが、10年やるきっかけになるスタートだったんだなと思います。

――しかも、ミュージカル『テニスの王子様』は演技だけでなく歌もダンスもあるので、さらに大変ですよね。

佐藤:今はそういったミュージカルをやりたいと思いますけど、まったくやったことがなかったですし、本当に歌うことすら知らずに入ったんです。

――すごいですね(笑)。

佐藤:だから、いろいろな経験をさせてもらうスタートがあの作品で良かったのかもしれないです(笑)。そこから、いろいろな作品や、すごいと思う方たちにもたくさん出会いました。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき