ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

演じるのは『ドント・ブリーズ』の最強おじいさん! 『移動都市/モータル・エンジン』最強の人造人間“シュライク”のキャラクター映像解禁

イギリス作家フィリップ・リーヴのファンタジー小説「移動都市」を『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』三部作で監督/脚本/製作を手掛け、その名を世界に知らしめたピーター・ジャクソンが映画化。”都市が移動し、都市を喰う世界”を舞台に、衝撃的で新しく、壮大な物語を圧倒的な映像迫力で描き出す冒険ファンタジー超大作『移動都市/モータル・エンジン』が3月1日(金)より全国公開となります。

たった60分で文明を荒廃させた最終戦争後の世界。残された人類は空や海、そして地を這う車輪の上に移動型の都市を創り出し、他の小さな都市を”捕食”することで資源や労働力を奪い生活している。”都市が都市を喰う”、弱肉強食の世界へと姿を変えたこの地上は、巨大移動都市”ロンドン”によって支配されようとしていた。他の都市を次々に飲み込み成長を続けるロンドンを前に、小さな都市と人々が逃げるようにして絶望的な日々を送る中、一人の少女が反撃へと動き出す……。

『キング・コング』(05)でアカデミー賞®視覚効果賞を受賞した経験をもつクリスチャン・リヴァーズが監督を務め、これまで6度のオスカーに輝いたWETAデジタルがCGIを担当。最先端技術の限界を常に押し上げながら、CGIと感情豊かな登場人物たちの物語を見事に融合させてきた製作陣が、再び雄大な移動都市の世界を創り上げます。

今回到着したのは、人造人間シュライクを演じたスティーヴン・ラングと、本作の製作を務めたピーター・ジャクソンが、シュライクの魅力について解説する特別映像!

【動画】『移動都市/モータル・エンジン』危険でありながら悲しく美しい・人造人間“シュライク”
https://www.youtube.com/watch?v=MQTh7VyQhRs [リンク]

ピーター・ジャクソンが「(この映画は)魅力が詰まった作品だが、中でも興味深いのはシュライクだ」と明かすように、移動都市と反移動都市のどちら側にもつかない立場でありながら、物語をかき乱す重要なキャラクターとなっているシュライク。スティーヴンが「彼は何百年もの間、冷酷に人間の命を奪ってきた」と説明するように、シュライクは戦争で使用することを目的に兵士の屍から造り出された人造人間(=復活者)なのだが、劇中ではあることをきっかけにヘスターを殺すことに執念を燃やすようになる。映像内では、重々しい金属を身にまとい、緑色の目を光らせながらふたりを追い回すシュライクの姿が明らかに! WETAデジタル得意のモーション・キャプチャによって生み出された禍々しいビジュアルと人造人間独特の動きからは移動都市と一味違った脅威を感じ取ることができ、さらなる強敵を前にした2人の冒険の行方に目が離せません!

また心を失くした残酷な殺人者でありながらも、ヘスターを追い続けることに誰もが心を揺さぶられるような”重要な理由”が隠されていることから、本作の試写会では”好きなキャラクター”としてシュライクを挙げる方が続出! 『ドント・ブリーズ』(16)で最強の盲目老人を演じたことで知られるスティーヴンも「脚本を読んで身の毛がよだつ思いだった。シュライクは痛々しいほどに美しいキャラクターで、自分はこの役を演じるために生まれてきたんだと確信した。恐ろしいけど、すごく哀れな存在なんだ」と今回の抜擢を運命的に感じるほどシュライク役を気に入っており、その魅力を熱弁しています。シュライクが新たに登場したことによって、ますますド派手に展開していく冒険の行方はもちろん、シュライクにまつわる過去、そしてヘスターとの間に隠された関係性にも是非ともご注目を。

【関連記事】あの最新ゲーム機も古代技術“オールドテク”に! 冒険ファンタジー超大作『移動都市/モータル・エンジン』ガジェットへのこだわり
https://getnews.jp/archives/2120228

(C)Universal Pictures

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき