ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

民間人2人が2021年に国際宇宙ステーションへ! ロシア、米企業と契約

ロシアで宇宙開発全般を担当する国営企業Roscosmosは、民間人2人を2021年に宇宙船ソユーズで国際宇宙ステーション(ISS)へと“短期宇宙旅行”させる。このほど米企業宇宙旅行会社のSpace Adventuresと契約した。

それなりの額になると思われる旅行代金は、今後の宇宙開発資金に回される。

・2001年以降民間人7人がISSへ

旅行客の受け付けは、まさに開発の資金作りだ。2001年以降、ロシアは7人の客をISSに連れて行っている。今回は2人の契約で、誰がその稀な枠を獲得するかはまだ決まっていないとのこと。

その旅行代金はかなりの額になることは明らかで、おのずと富裕層や著名人なることが見込まれる。フライトは2021年後半が予定されている。

・資金稼ぎが目的

こうした民間人客の受け付けについては、Roscosmosは「旅行客はソユーズ宇宙船を含め、ロシアの宇宙産業のための資金作りに協力することになる」と述べ、資金を稼ぐことが目的であることを公然と認めている。

これは宇宙開発には多額の開発費がかかるためであり、ロシアに限らず各国が十分な予算を確保するのが難しい現状では必然かもしれない。

加えて、Virgin GalacticやSpaceXといった民間企業が今まさに宇宙旅行の提供に向けて準備を進めていることを思えば、民間人向けの高額の宇宙旅行はさほど特異なことではない。

Roscosmosはこれまでに幾度となく打ち上げに成功するなどの実績があり、それを武器に“宇宙旅行会社”として今後さらに存在感を増す可能性はありそうだ。

Roscosmos

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。