ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏休みが、ニック・フューリーに支配される! 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』日本版予告編解禁

夏休みが、ニック・フューリーに支配される! 2019年夏に公開予定の映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より、日本版予告編が解禁。ティザーポスター、ムビチケのデザインも明らかに。

【動画】ニック・フューリーに新たな敵も登場!『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』日本版予告編
https://www.youtube.com/watch?v=le3rCSiWpjk

前作『スパイダーマン:ホームカミング』では、スパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカーが、ヒーローの師匠とも言うべきアイアンマンに導かれ、真のヒーローへと成長する過程が描かれた。本作は”ホーム”であるニューヨークから、舞台はヨーロッパへ。ピーター(トム・ホランド)は、親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)やMJ(ゼンデイヤ)たちと夏休み旅行へ出かけます。しかし、旅行中、ピーターの前に突如現れたのは、S.H.I.E.L.D.の長官、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)。ニックが現れた理由とは? そしてピーターと対峙する新たな敵とは?

この週末から、日本版ティザーチラシが各劇場にて展開されます(※一部劇場を除く)。このチラシには物語を暗示するヒントらしきものが。表面は海外版のポスターと同様、様々な国のステッカーがスパイダーマンの顔に貼られているデザイン。

しかし、裏面に描かれているのは、「夏休みが、ニック・フューリーに支配される。」という文字で埋め尽くされたスパイダーマンの顔。

予告映像にも登場し、大きな話題を集めたマーベルファンにはお馴染みのキャラクター、ニック・フューリー。世界最高の平和維持諜報機関S.H.I.E.L.D.の長官である彼が本作でスパイダーマンに深く関わっていくことを連想させるデザインです。様々な考察が飛び交う本作で、日本版ティザーチラシは新たなヒントとなるのか? 気になる方は劇場へ!

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
http://www.spiderman-movie.jp/ [リンク]

<第一弾>ムビチケカード発売決定!
発売日:3月8日(金)〜
券種:ムビチケカード 一般 1,400 円 小人 900 円(税込) 特典:US 版ポスター(B3)
※数量限定
※一部劇場を除く
※写真はイメージです
※取り扱い劇場の詳細は公式サイトをご参照ください
※第二弾ムビチケカードは4月下旬発売予定です。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy