ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

寒さも吹き飛ぶ!ときめく雑貨の宝庫・金沢おさんぽ旅

寒さも吹き飛ぶ!ときめく雑貨の宝庫・金沢おさんぽ旅

こんにちは、トラベルライターの大浦春堂です。

加賀前田家の城下町として発展した石川県・金沢は、焼き物や金箔など伝統文化が今も息づく街。でも「伝統文化=古臭い」というイメージは、ひと昔前の話で、今は伝統をベースに現代的なテイストをミックスした、かわいい雑貨の宝庫なんです。街がコンパクトなので1泊2日でも徒歩でじっくりと見て回れますよ。北陸新幹線の開業で都心からグンと行きやすくなった金沢へ、おいしいグルメを楽しみながら、ニッポンのかわいいモノを探しに出かけましょう!

【行程】
金沢城公園かいわいを、ぐるりとお散歩
とっておき、金沢のかわいいお土産を探そう
「金澤屋珈琲店」の絶品コーヒーでひと休み
兼六園のライトアップ見学はいかが?
ひがし茶屋街で見つけた金箔コスメ
食べて金運をためる!? キラキラたこ焼き
金沢の工芸品・ゆびぬきの体験制作
「近江町市場」で、金沢の味覚に舌鼓

金沢城公園かいわいを、ぐるりとお散歩

JR東京駅から北陸新幹線に乗って約3時間、JR金沢駅で降りたら、まずは「金沢城公園」へ。徒歩で約25分、路線バスだと東口から約13分で到着です。

ここは加賀藩前田家の歴代城主たちが暮らした場所。広大な園内には大名庭園や城門など見どころも多く、じっくり見て歩くと、数時間があっという間に過ぎてしまいます。
金沢城

石垣の博物館とも呼ばれる金沢城。多種多様な石垣にも注目を

お昼ごはんは、金沢城公園内の鶴の丸休憩館にある「豆皿茶屋」がおすすめ。
豆皿茶屋

柱やテーブルなどには能登半島の能登ヒバが使われ、明るい日差しがたっぷり降り注ぐ店内

ここでは、お城の建造物を一望できる絶好のロケーションの中、九谷焼(くたにやき)のお皿で出されるお寿司やお菓子が食べられます。

豆皿茶屋 お菓子

豆皿茶屋のおすすめは、8つの豆皿に、郷土食である笹や柿の葉にくるまれたお寿司などがのった「殿皿御膳(とのざらごぜん)」。かわいいお皿はもちろん、ちょっとずついろんな名物が食べられるとあって人気。甘味だけの利用も可能です。
豆皿茶屋 海老のお寿司

この日は海老のお寿司。ふんわりと葉の香りが広がります

とっておき、金沢のかわいいお土産を探そう

東神門から出て、徒歩10分ほどの場所にある「[g]ift」は、北陸のおいしいモノや雑貨のセレクトショップです。店内には、スタッフが見つけてきて吟味したいいモノだけが、ずらりと並びます。
[g]ift

石川、富山、福井の昔から伝わる郷土ゆかりの雑貨や、食の逸品探しならココ!

金沢の磁器といえば九谷焼! カラフルでほのぼのした絵付けが魅力の人気作家・赤地径さんの作品を買えるんです。

プチプラの箸置きは、新作も入荷するそう。ひとつひとつ手描きで絵付けをしているので、いわばどれも一点物。ビビッとくるモノがあったら、ぜひ購入を。
[g]ift 小物

うさぎや犬といった動物モチーフのほか、金沢らしい姫だるまの箸置きもキュート

[g]ift ピクルス

どのアイテムにも、スタッフのこまやかなコメントがあるので、購入時の参考になります

【これ買いました!】
「[g]ift」では、こんなものを購入しました。

[g]ift お土産
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき