世界にたった1本! 34年前発売のファミコン版初代『スーパーマリオブラザーズ』未開封新品ロムカセットが10万ドルで落札

access_time create folderゲーム

コイン・漫画・ポップカルチャーなどに強みを持つ大手オークション会社のヘリテージ・オークションズは、アメリカ版ファミコン(NES)用『スーパーマリオブラザーズ』の未開封新品ロムカセットが、同オークションにて10万150ドル(約1100万円)で落札されたと発表した。ゲーム単品としては史上最高価格とみられる。

NES版の『スーパマリオブラザーズ』は1985年から1994年までの間に11の異なるパッケージが販売されているが、今回のものはNES発売直後の1985年10月から1986年3月にかけてニューヨークとロサンゼルスでのみ流通していた最初期のバージョン。

以下、NESの『Wikipedia』より抜粋
1985年6月に任天堂はConsumer Electronics Showでファミコンのアメリカ版を発表した。外装と名称を一新、当初はニューヨーク市に5万台のみを投入。1985年10月18日には一部地域に限って出荷したが、大成功を受けて翌年2月には全米に出荷を広げた。

ゲーム関連のコレクターグッズ認証団体Wata Gamesによると、コンディションは10点満点中9.4点で新品または新品同様品を示す「A++」に認定された、現在知られている唯一の未開封新品だという。

落札したのはヘリテージ・オークションズの共同創設者の1人であるジム・ハルパリン氏、ゲームコレクターのザック・ギーグ氏、コインディーラーのリッチ・レッチェ氏ら3人のグループで、カセットは3者の共同所有になるとのこと。10万ドルという史上最高価格は、ヘリテージ・オークションズがWata Gamesと組んでゲームコレクター向けのオークションビジネスに本格参入することを宣伝するための“ご祝儀価格”と見ることができそうだ。

Wata Gamesのデニス・カーン会長は「『スーパーマリオブラザーズ』は最も認知度の高いゲームというだけでなく、1985年のゲーム文化を保存するものだ。希少性、人気、コレクターとの関連性のすべてをこのゲームは持っている。マリオはミッキーマウスよりもよく知られた、世界で最も知名度の高いキャラクターだ」と語っている。

画像とソース引用:ヘリテージ・オークションズプレスリリースより
https://www.ha.com/heritage-auctions-press-releases-and-news/copy-of-super-mario-bros.-video-game-sets-world-record-price-of-100-150.s?releaseId=3583[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderゲーム
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧