フォードが”車線維持ベッド(Lane-Keeping Bed)”を発表

access_time create folder生活・趣味

2月12日、米自動車会社のフォードは、同社の車線維持支援システムを応用した“車線維持ベッド(Lane-Keeping Bed)”を発表しました。

1つのベッドを2人で共有する場合、睡眠スペースの奪い合いによる睡眠不足という問題が発生します。Better Sleep Councilが行った調査結果によれば、カップルや夫婦の25%は1人で寝た方が良く眠れるという結果が出ています。睡眠不足は、家庭、職場、道路における事故発生のリスクを高めることにもなります。

Ford Lane-Keeping Bed (YouTube)
https://youtu.be/yfSYjbODGUc

こうした問題の解決策の一つとして、フォードは快適な睡眠スペースを確保するために、同社の車線維持支援システムを応用した“車線維持ベッド”のプロトタイプを開発しました。

車線維持支援システムとは、道路上の標識などをモニターすることで、必要に応じてハンドルを動かし、ドライバーの運転する車が誤って車線からはみ出ることを防ぐ技術です。この技術を応用した“車線維持ベッド”は、自分の睡眠スペースからはみ出た人を圧力センサーで感知すると、ベルトコンベアが動いて、2人が快適に眠れるようスペースを調節します。

プロトタイプの発表ということで、正式な製品としての発売日や価格などについては不明です。

※画像とソース:
http://www.campaign.ford.com/content/fordmedia/feu/en/news/2019/02/12/smart-bed-rolls-selfish-sleepers-back-into-

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧