ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

パンクス会社員★フーヨンのハードコアジャーニー 第13回「Booker T Jones」の巻(2)

パンクス会社員★フーヨンのハードコアジャーニー 第13回「Booker T Jones」の巻(2)

パンク・ハードコア系の音楽マニアながら、現在は企業戦士として、ときには海外へ出張するなど日々忙しく働くパンクス会社員★フーヨン。

自らの体験を綴るハードコア・旅日記「パンクス会社員★フーヨンのハードコアジャーニー」第13回。Booker T. & The M.G.’sの活動でも知られるレジェンド・ミュージシャン、Booker T Jonesのライヴに駆け付けたフーヨン。ディナーショーのような雰囲気の会場で何を目撃したのでしょうか!?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ライブはバンドセットで、Bookerさんは主にオルガンかギターヴォーカルをとっていました。自身の曲も演奏していましたが、大半がBob Dylan、Al Green、Muddy Waterなどのカバーで少々残念でした。「Jamaica Song」は演奏しませんでした。

パンクス会社員★フーヨンのハードコアジャーニー 第13回「Booker T Jones」の巻(2) パンクス会社員★フーヨンのハードコアジャーニー 第13回「Booker T Jones」の巻(2)

途中、ものすごくわざとらしく、「あれ、あの席に座っているのは?William Bellじゃないか!さぁステージに上がってくれよ!」と声かけし、William Bellがオンステージ。完全にディナーショー感がでていました。ちなみにWilliam Bellは数曲歌って無茶苦茶長い、真っ白いリムジンに乗って颯爽と帰って行きました。

パンクス会社員★フーヨンのハードコアジャーニー 第13回「Booker T Jones」の巻(2)

色々知っているかのように書いていますが、ライブを見てる時はなにもわからず、会場の観客に聞いたり、あとでネットで調べてカバー曲やゲストについて知ったことを告白しておきます。

ライブ終了後はサイン会で長蛇の列ができていました。STAXからリリースした最新のCD『Sound the alarm』を買ったのでサインしてもらい、ついでに写真も撮ってもらいました。物腰柔らかな良いおじさんでしたよ。

パンクス会社員★フーヨンのハードコアジャーニー 第13回「Booker T Jones」の巻(2)

CDはソロアルバムというより、色々なアーティストとコラボレーションした、オムニバスのような内容でした。Kori Withersという女性ヴォーカルのバックでオルガンを演奏しながら歌う「Watch you sleeping」という曲はしっとりとしていて、優しい気持ちになれる名曲です。

Booker T Jonesの巻 ~ 次回、番外編&最終回です。

文&写真:パンクス会社員★フーヨン

パンクス会社員★フーヨンのハードコアジャーニー 第13回「Booker T Jones」の巻(2)
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき