太平洋戦争末期・命がけで子供を守った保母さん達 映画『あの日のオルガン』超貴重な集合写真と共に振り返る衝撃実話

access_time create folder映画

太平洋戦争末期、子どもたちのいのちを守るために日本で初めて保育園を疎開させることに挑んだ保母たちの実話を描く、映画『あの日のオルガン』が、2月22日(金)より公開。本作は、親元から遠く離れた荒れ寺へ、53人の園児たちと疎開生活をスタートさせ、幾多の困難を乗り越え、託されたいのちを守りぬこうとするヒロインたちの奮闘を描いた真実の物語です。

主役の保母たちのリーダーで責任感の強い板倉楓役には、目覚ましい活躍を続ける実力派女優・戸田恵梨香さん。等身大な年齢の重ね方が同性からの人気を集める戸田さんが、満を辞して戦時中を描いた作品にメインキャストとして挑みます。そしてもう一人の主役、保母の野々宮光枝役には、女優・歌手としてフィールドを広げる大原櫻子さん。歌と演技の両方を生かせるミュージカルにも挑戦している大原さんが、天真爛漫で音楽が好きな保母を演じます。ダブル主演の戸田と大原は本作が初共演となります。戸田さん、大原さんに加え、1,000人を超えるオーディションを経て保母役に選ばれたのは、佐久間由衣さん、三浦透子さん、堀田真由さん、福地桃子さん、白石糸さん、奥村佳恵さんといった、全員が様々な話題作に出演し、これからの活躍が期待される女優たち。また、林家正蔵さん、夏川結衣さん、田中直樹さん、橋爪功さんら日本を代表する俳優たちが脇を固めます。 

メガホンをとるのは『ひまわりと子犬の7日間』の監督であり、長年山田洋次監督との共同脚本、助監督を務めてきた平松恵美子さん。さらに、日本アカデミー賞での受賞経験を多数持つ日本映画界を代表する豪華スタッフが本作を支えます。

太平洋戦争末期、子どもたちのいのちを守るために、誰もやったことのない”疎開保育園”を初めて敢行した保母たちの奮闘を描いた本作。かつての日本で本当にあった真実の物語とあって、モデルとなった当時の疎開保育園で実際に撮影された、戦時下という暗く厳しいイメージとは似ても似つかぬ、保母さんたちの明るく前向きな笑顔が映し出された貴重な写真が存在しています。

疎開先となった、現在の埼玉県蓮田市にある妙楽寺は、12月になろうというのにガラス戸もない本堂、借りてきた甕を用いた手作りの便所、さらにお風呂もないため近隣住民に懇願しなんとか借りて回るなど、とても子どもを預かれるような環境ではなく、3歳にも満たない子も含め70人ほどの園児たちは寒さもあり夜尿・寝小便が頻発し、保母たちは”24時間保育”状態。それでも、非常に生命力あふれる表情が印象的な彼女たちの姿からは「それでも爆撃されるよりはマシ」とばかりに知恵と工夫と子どもたちを守る信念で苦難を乗り越えていく”戦友”としての絆を感じさせるほどです。

ただ、決して鬱々として逃げ延びていただけではないとは言え、やはり20代そこそこの若い保母さんたちにとって迫りくる空襲におびえながら疎開保育園を運営していく負担は相当なものだったようで、当人たちの証言によると、

・疎開していた約1年間、保母さん”全員が”生理がくることがなく、「ちょうどよかった、面倒くさくなくていいや!」と思うほどに現場は過酷な状況だった。
・”イワシの眼のように”真っ赤に充血した眼で、ヒロポンを服用しながら働きづめの状況だった。(※当時は、覚醒剤の一種であるヒロポンは、疲労回復薬として合法で市販されていた)
・原爆が落ちたことも知らなかった。

と、信じがたい衝撃的なエピソードの数々。実際それほどまで切迫しながら、こんなにも明るく前向きになれた疎開保育園とは? そして、この知られざる真実の物語に挑み、当時の写真をそのままカラーにしたような瑞々しい表情を見せている、戸田恵梨香、大原櫻子ら人気と実力を兼ね備えた女優陣の熱演も必見です。

【あらすじ】
東京も安全ではなくなっていた1944年。戸越保育所の主任保母・板倉楓は、園児たちを空襲から守るため、親元から遠く離れた疎開先を模索していた。別の保育所・愛育隣保館の主任保母の助けもあり、最初は子どもを手放すことに反発していた親たちも、なんとか子どもだけでも生き延びて欲しいという一心で我が子を保母たちに託すことを決意。しかし、戸越保育所の所長がようやく見つけてきた先は古びた荒れ寺だった。幼い子どもたちとの生活は問題が山積み。それでも保母たちは、地元の世話役の協力をえて、子どもたちと向き合い、みっちゃん先生はオルガンを奏で、みんなを勇気づけていた。戦争が終わる日を夢見て…。そんな願いをよそに、1945年3月10日、米軍の爆撃機が東京を来襲。やがて、疎開先にも徐々に戦争の影が迫っていた―。

https://www.anohi-organ.com

(C)2018「あの日のオルガン」製作委員会

access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧