ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

これぞ究極の超ウルトラ激レア 過去100年間にアフリカ大陸で初めて撮影された黒ヒョウ

野生動物専門のイギリス人フォトグラファー、Will Burrard-Lucasさんが、ケニアのライキピアにある自然保護区内に設置したモーションセンサー搭載カメラで黒ヒョウの撮影に成功しました。アフリカで黒ヒョウが撮影されたのは過去100年間で初めてと言われています。

インドを旅行中に、ケニアで黒ヒョウが目撃されたという話を聞いたWillさんは、そのままケニアに向かったそうです。ライキピア到着後、黒ヒョウを目撃したという地元の人から、黒ヒョウの習性や縄張りなどの情報を得て、黒ヒョウの通り道と思われる場所にモーションセンサーが搭載されたカメラを複数台設置しました。

カメラを設置してからしばらくしてモニターをチェックすると、そこには念願の黒ヒョウの姿が。

My quest to photograph the African Black Leopard (YouTube)
https://youtu.be/ncHaQ_jG9Xs

Willさんは、黒ヒョウの撮影に成功するまでの映像を『YouTube』で公開しています。

アルビニズムはメラニンが欠乏することで体が白くなる生物の個体のことですが、黒ヒョウはアルビニズムとは正反対のメラニズムの個体となります。ナショナルジオグラフィックによれば、ケニアにおける黒ヒョウの存在は何十年も報告されてきましたが、科学的な存在確認は極めて稀とのことです。

※画像:
http://blog.burrard-lucas.com/2019/02/black-leopard-in-africa/

※ソース:
https://www.nationalgeographic.com/animals/2019/02/rare-black-panther-spotted-in-africa-century/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき