ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本最大級の“パンの祭典”「パンのフェス2019春」開催!


日本最大級の“パンの祭典”「パンのフェス2019春 in 横浜赤レンガ」が横浜赤レンガ倉庫イベント広場で3月1日(金)~3日(日)に開催される。

イベントエリアは無料、パン屋さんエリアの先行入場(11:00~13:30)は500円、パン屋さんエリアの一般入場(14:00~17:00)は無料となる。※雨天決行


今回初出店となるのは、別荘族御用達のパン工房「那須高原 パン香房ベル・フルール」と、もちもち食パン「俺のBakery」、軽井沢の名店「SAWAMURA」など。

毎年好評のフェス限定パンには、ミシュラン一つ星レストラン「タテル ヨシノ
の吉野建シェフが参戦。そしてパン業界のレジェンド、シニフィアン・シニフィエ志賀勝栄シェフが作るフェス限定パン初の発酵菓子パネトーネも登場する。


吉野建シェフの得意料理「ジビエのパイ包み」をアレンジした究極のパン「ジビエのブリオッシュ包み」は、特製ソースつきで3月2日(土)・3日(日)のみ受け付け。1日10個限定で価格は5940円(税込)。


赤ワインとクレームドカシスに漬けた大粒のクランベリーとラム酒漬けしたレーズンが練りこまれた「限定パネトーネ」は、卒業&お祝いがテーマの華やかな一品。数量限定で価格は3500円(税込)。

企画パンは予約販売となり、チケットぴあにてすでに販売をスタートしている。


パン好きにはたまらないパンが大集合する「パンのフェス2019春 in 横浜赤レンガ」。人気商品は先行入場時間帯で売り切れてしまう可能性もあるから、お目当ての商品がある人は早めに来場するのがおススメだ。

■「横浜赤レンガ倉庫イベント広場」
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。