ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハーレー・ダビッドソン、軽量タイプの電動コンセプト2種を発表

米国の老舗バイクメーカー、ハーレー・ダビッドソンが同社初の電気バイク「LiveWire」の予約受付を開始したのはTechableでも先日紹介したが、同社はそのほかにも電動モデルの開発に取り組んでいる。

小型軽量のスクーターと、マウンテンバイクだ。このほど、コンセプト2種を米国・コロラド州で開催されたXゲームアスペン2019で披露した。

・スリムデザイン

ハーレー・ダビッドソンのバイクと聞くと、どっしりとした大型バイクをイメージする人が多いのではないだろうか。実際、今夏にも発売されるLiveWireはまさにそうしたタイプだ。

しかし、このほど公開したコンセプトはスクーターとマウンテンバイクのようなデザインだ。写真を見てもらえば一目瞭然だがハーレー・ダビッドソンとは思えないほどスリムかつミニマルになっている。

・バイクの免許不要?!

実際、この2種はどうもバイクではないよう。「エレクトリニック・コンセプト」とうたっていて「乗るのにバイクの免許を必要とせず、新たなライダーひきつけるのが狙い」としている。

また、価格も数千ドルからを想定している、とニュースリリースに案内している。LiveWireが約3万ドル(約330万円)なのを考えれば、一般消費者に広くうったえる設定といえそうだ。

性能や今後の製造・販売計画など詳細は明らかにしていないものの、今後の同社の電気モデル部門をリードするような位置付けとなることが見込まれる。

Harley-Davidson

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。