ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

腎臓結石の再発リスクを予測! 米病院がオンラインツール「ROKS」を開発

腎臓結石は再発しやすい病気だ。症状は人によって異なるが、一般にかなりの痛みを伴うことが多い。“痛みの王様”と呼ばれることもあるほどだ。

そんな激痛は誰しも経験したくないだろううし、経験者はなおさら回避したいとの思いが強いだろう。そこで、米国の病院メイヨー・クリニックが、結石を患ったことのある人向けに再発可能性を予測するツール「ROKS」を開発した。

・病歴やBMI指数などを入力

ROKSのアルゴリズムは、初めて結石を患ったメイヨー・クリニックの患者3000人超のデータを元にしている。大まかにいうと、若くて体重が重い人、そして男性と妊娠している女性で再発が多く見られる傾向にあるのだという。

ROKSでは、これまでに何回結石ができたか、最後の結石から何年たっているか、一番大きかった結石の直径、性別、BMI指数などさまざまなデータを入力する。すると再発のリスクがはじき出される。

・開発の途上

このツールはすでにウェブサイト、そしてアプリ(iOS、Android)で無料提供されているものの、まだ開発の途上にある。

予測ツールの精度を示す指数C-Indexでは、ROKS のスコアは0.68だった。1がパーフェクト、最低でも0.5のスコアが必須、そして0.7以上が良いモデルとされていることを考えれば、ROKSはまだ改善の余地がある。

とはいえ、「自分は要注意だ」ということが確認できれば、早めに受診するなどして対策がとれる。そうした意味では有意義だろう。誰でも利用できるが、英語のみとなっている。

ROKS

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。