ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

容量1万mAhのバッテリーを備えた小型スーツケース「Supercharged」が便利そう

旅行というのは当たり前だが、移動の連続だ。見知らぬ土地で目的地までのルートを確かめたり、誰かと連絡をとったり、あるいは道中の持て余した時間にビデオを観たりと、スマホは旅の心強い友。

そうしたときに気になるのはスマホのバッテリー残量。しかしスマホを充電できるキャリーケース「Supercharged」なら不安とは無縁となりそうだ。

・USBポート付き

米国のスタートアップが開発したSuperchargedは、飛行機の機内に持ち込める容量44リットルのキャリーオンサイズ。外観は何の変哲も無いスーツケースだが、最大の特徴は取り外しが可能な容量1万mAhのモバイルバッテリーを搭載していることだ。

スーツケース外部についているUSBポートにケーブルをつなげるとスマホを充電できる。1万mAhもあるので、大方のスマホを3回近くフル充電できるという心強さだ。

ちなみに付属のケーブルはiPhoneもAndroid端末も、そしてスーツケースのバッテリーも充電できるオールインワンのタイプとなっている。

・小物ポケットで整頓!

そのほかの特徴としては、荷物の整頓がしやすいよう、内部に収納ポケットがたっぷり用意されていることが挙げられる。今の時代、衣類や洗面用具などのほかに、ガジェットのアクセサリーなど小物を携帯することが多く、小さなポケットは重宝しそうだ。

スーツケースはポリカーボネート製で、重さはわずか3キロ。米国などに行くときに便利な米国運輸保安局認可のTSAロックを採用している。

Superchargedは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開しているが、すでに目標額は達成し、開発元は「発送は100%保証する」とうたっている。

出資額は現在199ドル(約2万2000円)〜となっていて、3月16日まで出資を受け付けたのちに5月にも発送が始まる。キャリーケースで旅行することが多いという人はチェックしてみてはいかが。

Supercharged/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy