ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

映画『死霊館のシスター』 悪魔の最凶シスター ヴァラク様が来社されたので“アレ”を持ってもらいました[ホラー通信]

映画『死霊館のシスター』 ヴァラク様とシスター軍団、そしてナン

『サスペリア』や『ハロウィン』などなどホラーの話題作が目白押しの2019年上半期、ホラー通信の記者は編集部で仕事に明け暮れていた。

そこに何者かがやってきたようだ――

映画『死霊館のシスター』 悪魔のシスターがやってきた

記者「あー、もしもし? お疲れっす~。新しい『サスペリア』観ました? クロエちゃんやばかったッスよね~。あ、今度の取材ですけど……」

映画『死霊館のシスター』 悪魔のシスターがやってきた

記者「……人の気配?」

映画『死霊館のシスター』 悪魔のシスターがやってきた

記者「誰っ!?」

映画『死霊館のシスター』 悪魔のシスターがやってきた

ガバァッ

記者「ギャアァァァァ!!! これ『死霊館のシスター』で見たやつだ!!!!」

※↓元ネタをチェック!

映画『死霊館のシスター』 怒れる悪魔のシスター ヴァラク様

ヴァラク「『サスペリア』にうつつ抜かしてんじゃないわよ…… 『死霊館のシスター』ブルーレイ&DVD発売の宣伝しなさいよ――!」

説明しよう!

00年代を代表する大ヒットホラー『死霊館』シリーズ全作の前日譚となる、映画『死霊館のシスター』。『死霊館 エンフィールド事件』にも登場した顔面インパクト凄まじい悪魔のシスター“ヴァラク”をフィーチャーした本作の、ブルーレイ&DVDが2/6にリリースされるようだ。

『死霊館のシスター』ブルーレイ

直々に宣伝のお願いをしにきたヴァラク様。マジギレされてしまったホラー通信記者は、本作のブルーレイをPRすべく、ヴァラク様とシスターたちをモデルにインパクトのあるグラビアを撮ることにした。

それは――――

映画『死霊館のシスター』 “ナン”を持つ“ナン(尼)”

“ナン”を持つ“ナン(尼)”である

映画『死霊館のシスター』 “ナン”を持つ“ナン(尼)” 映画『死霊館のシスター』 “ナン”を持つ“ナン(尼)”

“ナン”を持つ“ナン(尼)”である

映画『死霊館のシスター』 “ナン”を持つ“ナン(尼)” 映画『死霊館のシスター』 “ナン”を持つ“ナン(尼)”

“ナン”を持つ“ナン(尼)”である

映画『死霊館のシスター』 “ナン”を持つ“ナン(尼)”

“ナン”を持つ“ナン(尼)”である

※『死霊館のシスター』の原題は『THE NUN(ザ・ナン)』である

映画『死霊館のシスター』 疑問を抱くヴァラク様

ヴァラク「……これで宣伝になるのかな? 本当にブルーレイ売れる?」

記者「う、うん、多分大丈夫……(知らんけど……)」

映画『死霊館のシスター』 立ち去るヴァラク様とシスター軍団

ヴァラク「じゃ、あとはホラー通信に任せたわ」

映画『死霊館のシスター』 悪魔の最凶シスター ヴァラク様が来社されたので“アレ”を持ってもらいました[ホラー通信]

おまけ

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき