ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

長編フリゲRPG『デイドリームリバー』。一つの凄惨な事件を機に幕を上げる、恐怖と混沌の宴。

石川県金沢市「香林(こうりん)中学校」。
夏休みを間近に控えたこの学校である朝、一人の男子生徒の死体が発見された。
daydreamriver_01

学校中が騒然となる中、死亡した生徒と同じ学年の籏崎健斗(はたざきけんと)、伊沢京介(いさわきょうすけ)は前日の深夜、彼から電話がかかってきていたことに気付いた。留守番電話を再生すると、そこには彼が死に至るまでの様子を生々しく伝える音声が残されていた。只ならぬ気配を感じた二人は、部活動の先輩である岡梨優也(おかなしゆうや)の協力も得て、深夜に学校へと忍び込む。そこで彼らを待っていたものとは…。
daydreamriver_02

『デイドリームリバー』は2018年11月23日にフリーゲーム配信サイト「ふりーむ!」にてリリースされた、Windows用長編ロールプレイングゲーム。作者は「莞爾の草(かんじのくさ)」氏。「RPGツクールVX Ace」で制作された作品であり、プレイに当たっては同ツールの専用RTPのインストールが必須となる。(ダウンロードはこちらから)

真夜中の学校を舞台に繰り広げられる学園ホラーRPG…?

本作は男子生徒の死の真相を明らかにするため、真夜中の学校を探索していく。ホラーアドベンチャーっぽくあるが、内容はRPG。マップを歩むと敵との戦闘がランダムで発生し、勝利すれば経験値が入り、一定量に達するとキャラクターのレベルが上がって強くなる、純然たる作りになっている。
daydreamriver_03

なので、探索中に”なにか”が襲い掛かってきても、戦闘を通して退けられる。しかも、本作の登場人物達は皆、炎、氷、雷などを自在に操る超能力を”当たり前のように”所持。特定の人物に至っては、傷を治す回復の能力も持ち合わせている。
daydreamriver_04

また、戦闘に勝利すると経験値とは別に「パッシブポイント」なるものも獲得。メニュー画面にある「パッシブ」で、特定のステータスを底上げしたり、耐性を備え付ける「パッシブスキル」との交換ができ、個々のキャラクターの強化も図れる。

ここまでの説明で、心の奥底から言いたくなったと思われる。

どんな世界観だ、と。

そして、超能力が使える者達が探索するなら、あまり怖くなさそうとも思うかもしれない。
daydreamriver_05

だが、実際はその逆。登場人物達が万能な力を持つ分、太刀打ちできない”なにか”が次々と襲い掛かっては、プレイヤーを恐怖へと陥れていく。
daydreamriver_06

不意にドキッとさせる仕掛け、出血・身体欠損を始めとする残酷な表現も豊富。特に後者は鮮烈で、”なにか”によって登場人物が見るも無残な姿にされる様子が、一枚絵の演出と共に克明に描かれる。劇画調で歪みも表現されたキャラクターデザインも、それらのシーンをより不気味且つ、印象深いものにしていて、嫌でも目に焼き付いてしまうインパクトに満ちている。
daydreamriver_07

当然ながら、戦闘を通しても退けられない”なにか”も存在。
そのような者から逃げなければならない展開も発生する。
daydreamriver_08

極めつけで謎解きにも、手順を間違えれば、恐るべき事態へと至るものが。

RPGらしい仕組みの数々から、舞台設定から連想される怖さは薄そうも思うかもしれない。だが、実際は薄いどころか濃い目。例え退ける力を持っていようが、人でない存在に歯向かうのは容易ではないことを痛感させられる、独特な体験が得られる内容になっている。

そして面白いのが、ここまでのパートが全体の一部でしかないことだ。

混沌の様相を呈する濃厚なストーリー。

実は本作、狭い空間を舞台にした、ホラー系RPGではない。
あるタイミングを境に真夜中の学校の探索が終わりを迎え、以降は街中などの広範囲が舞台となる、ジュブナイル系RPGへと一変するのである。
daydreamriver_09

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。