ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

櫻井翔 解散ではなく休止の選択に「『そんなこと許されるんですか?』と大野は驚いていた」嵐会見後『news zero』全文

嵐が2020年にグループの活動を休止することを発表し、1月27日に記者会見を実施。その翌日28日に放送された『news zero』(日本テレビ系)に生出演した櫻井翔さんが「どこまでも聞いてください。すべて話します」と、発表への思いを語りました。

冒頭で今の心境を聞かれた櫻井さんは、「朝からずっとTVを見ていたんですけど、各局たくさん取り上げていただいて、本当に数えきれないほどの方々が温かいコメントを寄せていただいて胸がいっぱいなんですけども……、昨日帰って(お酒を)嗜んでしまいまして、顔が驚くほどむくんでいまして……。でも僕のファンの人は慣れっこなのでたぶん大丈夫だと思います(笑)」と笑顔の挨拶からスタート。

語られたグループ活動休止への思い、復活の可能性……その内容をほぼ全文としてお届けまします。
※質問は簡略化しています。

活動休止会見の裏側「あぁ、どうかこの日が来なければいいなぁ」と思っていた

――会見の前は?

櫻井:昨日当日の昼に、大野に連絡しました。「何かあったら必ず僕がフォローするので安心して会見に臨んで欲しい」と。彼からは「ありがとう」という返事をもらいました。そして夜8時からの会見だったんですけど、30分ほど前に4人に一言話しました。これでいよいよキックオフとなる。2020年12月31日までしっかりと肩組んで今まで以上に一致団結して頑張っていきましょうと話しました。

会見直前は、僕たちコンサートの直前とか歌番組でパフォーマンスする直前にメンバー1人1人がそれぞれの目を見て握手をして、「よし、行こう!」と言って出るんですけど、会見前も同じように本当に出る直前にそれぞれがそれぞれと握手して、「行こう」と。

――コンサート前の握手とは少し気持ちの面では違うのでは?

櫻井:でも、我々としては、この経緯と今の気持ちをお伝えするということでしかないので、コンサート前の握手と意味が違うかと言うと、同じような「さあ行くぞ!」というような思いでの握手だったと思います。

――会見では5人の考えはすべて話せた?

櫻井:話せました。僕が会見中に思っていたのは、ファンの方ぞれぞれ1人1人の気持ちと今私たちの周りにいるスタッフの思いを考えると、「あぁ、どうかこの日が来なければいいなぁ」と思っていたのと同時に、2018年6月に我々決断したことですので、「やっとお伝えできる」という複雑な心境ではありました。

「大野抜きで嵐を名乗り、嵐の歌を届けるのは考えられなかった」

――大野さんは休みたいとおっしゃっていましたが、一番最初は事務所を辞めたいとお話されたんですか?

櫻井:一番最初はそうですけれども、ただ、事務所をやめたいというわけではなくて、彼も会見で言っていましたけど、嵐から離れて自由な生活がしてみたい、そのためには事務所を辞めなければならないのではないか、という話が2017年の6月にありました。そこからもっと先の話になりますけど、事務所の人も含む話し合いの中で、「休むのはどうか」という話がありました。大野は本当に驚いていて、「そんなこと許されると思っていなかった、そんなこと許されるんですか?」と。それで事務所の人から、他のメンバーはどうなの?と聞かれて、「本人がそれでいいならいいよ。休んだら?」と。

――嵐は5人で1つだとよくおっしゃっていますが、解散はチラついた?

櫻井:おっしゃる通りみんな1人でも欠けたら嵐ではないと思っているので、2017年6月においては、(解散は)チラつきはしましたけど、なんとかそれを回避してみんなが納得するところに着地させなければならない。おそらくそれは自分の役割だと思っていました。

――全員が納得する着地点をどのように目指して話し合いをした?

櫻井:僕個人の思いとして申し上げると、5人で歌ってきたので、大野抜きで嵐を名乗り、嵐の歌を届けるのは考えられなかったです。それは、1人でも欠けたら嵐ではない、嵐と名乗れない。それは5人ともまったく一緒の思いでした。ですので、どうにか嵐を守り抜くために、僕がみんなの思いの真ん中というか、全員が納得できるところを探さなければならないんだろうなと思いました。

そのあと冷静に、「じゃあ相葉くんどう? にのどう? 松潤どう?」と全員の話を聞いて、「分かりました。申し訳ないけど今日わかりました、と言える話でもない。ちょっと時間をかけてもう1回話そう」と冷静だったつもりだったんですけど、やっぱり僕も混乱していたんですかね。こんなこと僕は絶対ないんですけど、ホテルのベッドの下の床のところで横になって目覚めて。自分もけっこう衝撃を受けていたのかな、なんて思いましたけどね。

――では、みんなで冷静に話したと思っていた後に、気持ちが高ぶってホテルの部屋で1人で1杯飲むというような?

櫻井:あとで思えばそうなのかなと思います。ただそういう話があった後も、その話で終わって「じゃあ明日ね」というグループでもないので、また普段どおりの話をして、普段どおりの楽しい雰囲気の中で「じゃあまた話そうね」というのが2017年6月のことでした。

「無責任では?」の質問は「あの質問があって伝えられたことがある」

――大野さんと1対1では話した?

櫻井:話しました。「じゃあ、例えばこういう形での活動はどう?」といろいろ話したんですけど、彼の意思が固まっているなと感じました。また、その後大野も他のメンバーとそれぞれ話していますし、大野が他のメンバーと話す間に、僕も他のメンバーそれぞれと何度も話し合いをしています。なんとかそこのみんなの思いをひとつにしたいと。それは僕だけじゃないですけどね、他の4人も思っています。

――嵐のメンバーが話し合いをするのに家に来て緊張したとおっしゃっていましたね。

櫻井:家も緊張しますけど、お店でもそれぞれと話したんですけど、お店選ぶのも難しいんだよな、嵐来るとき。トイレへの動線がとか、個室がどうとか、「松潤来るのか~、どうしよう」みたいな、そんな感じですよ(笑)。

――話し合いはどんな雰囲気だったんですか? 普段どおり和やかな感じ?

櫻井:それはやっぱりずっと和やかにというだけではないです。かといってピリついたわけでもないです。我々いい年齢した大人なので、嵐の将来のことを決めるのに真摯に5人で話し続けたつもりです。

――話し合いで関係性は変わったり新しいものになりましたか?

櫻井:今、すべてが決まった2018年6月から、より絆は太く強くなっているなとは感じますね。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき