ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

嵐 活動休止会見「聡明で思いやりがありお互いを尊重し合う、とても温かいグループ」「真っ黒に日に焼けて戻ってくるんじゃないかな」風間俊介・亀梨和也・羽鳥アナがコメント

嵐が2020年いっぱいをもってグループとしての活動を休止することを1月27日に発表し、同日夜8時より行われた緊急会見の様子に情報番組に出演する風間俊介さんや亀梨和也さん、羽鳥慎一アナウンサーらがコメントしました。

今回の活動休止は、リーダーである大野智さんが普通の生活をしてみたいと思ったことが発端だったそうですが、思いやりあふれる記者会見には称賛の声が多くあがっています。

『ZIP!』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーを務め、ジャニーズJr.の同期で嵐メンバーとも親しい風間さんは、「(嵐の)人間としての魅力が詰まっている会見だったと思うんです。僕から見た嵐は聡明で思いやりがあり、お互いを尊重し合う、とても温かいグループだと僕は思うんですよ。その魅力が詰まった会見で。この活動休止の会見で僕は爆笑すると思っていなかったんですよ。いろいろ動揺している方もたくさんいると思うんですけれども、改めてこの5人が好きだな、この5人を好きでいて良かったなってそんな気持ちにさせてくれる、温かい会見だったなと僕は思います」とコメント。

そして、「発端となった大ちゃんに関して、いろいろなことを言う方もいると思うんですけど、ニノの言葉にもあったように、これは5人が出した答えであって、1人で出した答えではないということが、僕も本当にそう思うので、やはりこの5人で出した答えというのが会見を見て改めて『この人たち素敵だな、この人たちが一生懸命考えて出した答えだったらどんなことでも受け止めたい』と僕は思いました」とファンの気持ちを汲んだ感想を述べました。

『Going!』(日本テレビ系)のレギュラーキャストで、嵐のメンバーから直接連絡を受けたという事務所の後輩である亀梨さんは、「初め聞いた時は、僕自信も驚きというか鳥肌が立ってどういう感情なのかわからないくらいだったんですけども、僕自身にとっても嵐というグループの存在はほんっとうに大きくて。その大きさ故に背負っているものであり、その重さは僕なんかでは本当に計り知れないものだなと感じていますし、まただからこそ僕自身これまで嵐を尊敬の目で拝見させていただいてきました。このタイミングで会見として皆さんの前に立つということで嵐というグループの誠実さを非常に感じましたし、またこういった決断をできる、5人でしたという嵐のすごさを僕は感じました。まだ2年グループ活動があるということで、本当にファンの方たちと素敵な時間であり、景色であり、絆を作っていただきたいなと思いますし、僕も後輩としてそれ以降のみなさんの活動であり、また5人の嵐と出会える日を楽しみにしていたいなと感じています」と、衝撃を受けたことを素直に語りました。

『モーニングショー』(テレビ朝日系)のキャスターを務める、局アナ時代から関わりの深い羽鳥アナは、「言い出しっぺが大野くんと聞いたときに、ああ、なんか大野くんぽいなと思って。僕は2001年に初めて嵐の名前が付いた冠番組『真夜中の嵐』を一緒にやったときに、僕は10歳くらい年上だったので、『みんな将来はどう考えてるの?』と聞いたら『紅白に出たいです』と答えたんです。それで、『今、嵐という名前が冠に付いたけど、これがゴールデン番組になるようにしたい』と言ったときに、『大野くんはどうなの?』と聞いたら『パン屋になりたい』って言ったんですよ。それが100%のウケ狙いじゃなくて、アイドルで行くぜ!という方向性ではないのかなって。別にやる気がないわけじゃないんですけど。そういうところがあったので、今回の言い出しっぺが大野くんだったというところが、『あ、大野くんらしいな』というのと、それをすごく何回も話し合いをしたんでしょうけれども、結果受け入れるところが(嵐の)メンバーらしいなと。プラス、なんで今なんだというところで、2年間もあって(タイミング的には)早いし、いろんな人とお仕事してるし、スポンサーのこともあるし、あと一番はファンの人が街で泣いている人もいるわけで衝撃なんですよ。それを落ち着くまでの時間をやっぱりとりたい、というところが嵐らしいな!と思った」と、長い付き合いだからこそ今回の決断から嵐らしさを感じたようです。

そして、グループ活動休止後は大野さん個人としての芸能活動も休止することについて触れると、「(大野さんが)でっかい魚釣りましたみたいなニュースが入ってくるんじゃないかなと。真っ黒に焼けてそのうち戻ってくるんじゃないかなと思います」と愛あるコメントを贈りました。

関連記事:
櫻井翔 解散ではなく休止の選択に「『そんなこと許されるんですか?』と大野は驚いていた」嵐会見後『news zero』全文
https://otajo.jp/76342

嵐 活動休止で衝撃走るも笑顔の和やか会見に「惚れ直した」「素晴らしい」「嵐ファンの人羨ましい、幸せ者」と称賛の声
https://otajo.jp/76326[リンク]

『8時だJ』今井翼に櫻井翔が「来てくれてありがとう」と感謝……「完全に翼翔組」「エモい」とファン感動
https://otajo.jp/75903[リンク]

カウコンで全盛期のタキツバ再現「王子様」「アイドルの鑑」滝沢秀明 金髪に染めラストステージを飾る!キスマイやJUMPがバックダンサーに
https://otajo.jp/75935[記事]

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき