ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleが新OS「Fuchsia」のリリースへ向けてAppleからベテランエンジニアを採用か?

Googleが開発中と噂される新OSこと「Fuchsia」。過去にもデモページが試せることで話題にもなったが、どうやらGoogleが本OSの開発にさらに勢いをつける覚悟を決めたようだ。

9to5Googleによると、GoogleはAppleに14年間も務めていたベテランエンジニアをこのFuchsiaリリースへ向けて雇い入れたそうなのだ。

・OS Xのプロダクトリリース・エンジニア

今回Googleが雇うことになった元Apple社員はBill Stevenson氏で、本人のLinkedinでの投稿により明らかとなった。同氏は2004年にAppleに入社して以来、OS Xのプロダクトリリース・エンジニアとしてOS Xシリーズの発展に携わりながら、シニアエンジニアリングプログラム・マネージャーとして「Find My Mac」「iCloud for Mac」「AirDrop」の機能にも貢献したベテラン社員だ。

2012年からはMac/Windowsプログラムのマネジメントをシニアマネージャーとして担当し、OS LionからMajaveシリーズのリリースまで、チームを率いて開発からリリース、技術面での問題のマネジメントもこなしていたそうだ。

・ということはFuchsiaは本当にやってくる?

彼はハードウェアの開発グループやサードパーティ・デベロッパーとの協働経験も豊富で、アプリを用いたエコシステムを開発する上では最適な人材だそうだ。

FuchsiaはAndroid OSの代わりとなる新OSとして噂されているも、未だ詳細はヴェールに包まれたOSなだけにいまいちその存在を信じられずにいたが、今回の大抜擢はFuchsiaが近い将来本当に私たちの元にやってくることを期待させてくれる嬉しいニュースといえるのではないだろうか?

執筆:Doga

参照元:

Google poaches 14-year Mac veteran from Apple to bring Fuchsia to market(2019年1月27日) – 9to5Google

Linkedin

Fuchsia

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき