ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

イースターなのに卵が孵化しちゃった! 春の東京ディズニーリゾート新たな刺客・うさピヨにご注目

2019年の春の東京ディズニーリゾートでは春イベ「ディズニー・イースター」を開催しますが、新キャラクターが晴れて登場! その名も“うさピヨ”というイースターなのに卵が孵化しちゃっていて、可愛らしいお顔。というわけで“うさピヨ”ほか<見逃せない6大ポイント>を厳選してご紹介!

■注目ポイント1
シーのランド化みたい!新ショー「Tip-Top イースター」

どっかで聞いたようなタイトルの新ショーは、メディテレーニアンハーバーの新ハーバーショーとして公演がスタート。まずこれが最大の注目ポイントです。イースター・ファンフェアを開催するという設定で、そこに生まれたばかりの“うさピヨ”たちも登場するという構成。タイトルで軽いノリの音楽イベントを想像しましたが、春なので楽しければいいですね!

■注目ポイント2
「うさたま大脱走!」がカムバック!実に2年ぶり

一報、東京ディズニーランドには「うさたま大脱走!」がカムバック! 提供は、最近は別な意味でもおなじみ日本航空株式会社です。もはや本来のイースターのイの字もなさそうな独特なパレードではありますが、軽快な音楽とダンスパフォーマンスが春の心地よい気候とあいまって、新たな春の風物詩と言ってもよいでしょう。2年前の音楽がどうなるかも注目。

■注目ポイント3
“うさピヨ”のぬいぐるみ、2,900円が登場

さて本題ですね。初登場のキャラクター、“うさピヨ”のぬいぐるみが早くも登場します。先輩である東京ディズニーランドの“うさたま”は顔がないシュールな造型でしたが、フタを開ければ大人気に。それを踏まえての今回の“うさピヨ”は、ビジュアルが明らかに! そもそもイースターなのに孵化しちゃっているわけで(しかも大量に)、今後の活躍に期待したい。

■注目ポイント4
おかえりうさたま!ストラップセット、1,800円がかわいい!

東京ディズニーランドでは、パレード「うさたま大脱走!」に登場する“うさたま”や、“うさたまチェイサー”に扮したディズニーの仲間たちを描いたグッズが、約60種類登場。やはり改めてみると、“うさたま”のデザインは秀逸で、超かわいい「ストラップセット」(1,800円)で春を楽しもう!

■注目ポイント5
イベント始まる前にまたなくなりそうなツボグッズ、カモン!

最近のイベント系グッズは、イベントが始まる前になくなるほど大人気ですが、写真左の“うさたまチェイサー”になりきることができるファンキャップ、これはすっごく人気が出そうな気配! グッズの中にはほしかったものを具現化しやがったな、みたいなモノがあるので要注意です。

■注目ポイント6
これは肉眼で見たい!タマゴ型のパオは、それはもうタマゴでいい

いくつか登場するイースター特別メニューのなかで、「ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイム・カフェ」のソレがダントツでイースター。タマゴ型パオにスクランブルエッグやハムカツをサンドした「スペシャルメニュー」で、お値段(990円)。そんなに高くない。春が待ちきれない!

文章:ときたたかし

(C) Disney

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき