ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

関智一の色相は? 野島健児は免罪体質!?『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』公開記念インタビュー

『PSYCHO-PASS サイコパス』Next Projectとして始動した『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』の劇場アニメ3作品がついに1月25日より連続公開! 2012年のシリーズスタートから携わる、狡噛慎也役の関智一さんと宜野座伸元役の野島健児さんのインタビューをお届け。

『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』は、人間の心理状態を数値化し管理する近未来社会を舞台に、正義を問われる警察機構を描くオリジナルSFアニメーション『PSYCHO-PASS サイコパス』の完全新作シリーズで、Case.1は霜月×宜野座、Case.2は須郷×征陸、Case.3は狡噛にフォーカスしたストーリーが描かれます。

2018年の第31回東京国際映画祭では、特別招待作品に選ばれ一足早くお披露目された本作。レッドカーペット参加直後の関さんと野島さんにお話を伺いました。

野島健児「Case.1は宜野座の可愛らしい部分が出ている」

――東京国際映画祭のレッドカーペットに参加された感想をお聞かせください。

関:一言で言うと、感無量です。

野島:さっきからそれしか言ってないですよね(笑)。

――本日何回目の感無量ですか?

関:初めてです(笑)。

野島:僕はもっと緊張して厳かな雰囲気かなと思っていたんですけど、想像していたよりも声をかけてくださる方がたくさんいて、普通に楽しんでしまいました。自分が歩いているんですけど、どこか見学しているような気持ちでいろいろなことを見たりして楽しめました。

――2015年に公開された劇場版から約4年ぶりの新シリーズとなりますね。

関:好きな作品なので続編が作られることが嬉しいですし、またそこに登場できることが感無量です(笑)。

――本日2回目の感無量がここで出ましたね(笑)。野島さんは、いかがですか?

野島:新シリーズに参加できると話をうかがった時はまだどのような形になるかわからなかったので、一言でもいいから参加できると嬉しいなと思っていたところ、ものすごくたくさん関わらせていただけるようなストーリー展開で……、感無量でした(笑)。

――お二人とも感無量だったと。

関:はい、常に感動を覚えながら出演しています。毎回、シリーズが終わる度に「もうこのまま終わりになるのかな」と思うので、続編ができることは嬉しいです。キャラクターのその先の人生が見られるので、そこが楽しみでもあります。

野島:毎回『PSYCHO-PASS サイコパス』の新しいシリーズに出会う度に、見た目なども含め宜野座の描かれ方には変わっていくところがあるので、どんな風になっていくんだろうと楽しみにしていて、「今回はこうなったんだ!」と思いながら見ていました。Case.2では、思わず「あ、ぎのさん!」と自分で呼んでしまうくらい懐かしくて切ない気持ちにもなりました。

――Case.2では、狡噛も執行官時代が描かれていますね。

関:しっかりと公安局の役に立っていました。事件の重要なヒントになる部分に気がついたりして、冴え渡っておりました。

野島:さすがの狡噛さんでした。

関:今の時間軸だと殉職しているキャラクターなども出ていましたので、懐かしかったです。

――今作で登場人物たちにどんな印象を受けましたか?

野島:Case.1では、霜月の成長を楽しみつつ、僕から見ると宜野座の可愛らしい部分が出ていました。宜野座は大人なんですけど、まだ少し“自分は大人にならなきゃ!”みたいな部分が残っていて、大人なのにまだ幼い部分もあるように見えて、そこが可愛いなと思いました。そのくせ、セリフでは「ちょっとジジ臭いかな」みたいなことを言ったりもするんですけど、全然まだまだジジイになりきれてないぞ!と思いながら見ていました(笑)。宜野座はこれから成長する姿がもっと見たいなと思わせてくれましたし、霜月の成長っぷりも安心して見ていられましたね。けっこう果敢に何にでも取り組んでいくので、「あ、こんな部分もあったんだ!」という霜月への発見もありながら、出来上がったものはお客さんとして楽しんで観ていました。

――Case.1と2で異なる時間軸の宜野座が登場していますが、スッと役に入っていけたのでしょうか?

野島:僕の中で、TVシリーズの第1期、第2期、そして劇場版ときちんと段階を経て成長していけたので、どちらかというとCase.1の方が今までの流れを汲んですんなりと入れました。Case.2では、思い出さないとならない部分もたくさんあったので、もう1度昔の宜野座を見直して研究して挑みました。自分では昔の宜野座を演じたつもりでもちょっと不安な部分があったんですけど、実際に出来上がりを観て、「昔のぎのさんだ。良かった」と思うのと同時に、懐かしさを感じました。

――Case.3は時間軸でも最新のストーリーとなりますが、関さんから見て狡噛の新たな一面などはありましたか?

関:狡噛は変わらないですね。ツンデレです。Case.3は、狡噛が紛争地帯で少女と出会い、敵討ちをするために戦い方を教えてくれと言われて、最初は難色を示すんですけど、結果いろいろな思いから引き受けることになりまして、少女とともに事件に関わっていきます。狡噛は一応厳しさはあるんですけど、やっぱり人情の部分で優しさをみせてしまうところもありますね。新たな一面はさほどないかなと思いますけど、新たな展開は期待したいところですね(笑)。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき