ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ミシュランガイド初掲載ラーメン店特集 手打ち麺ブームの筆頭となるモチモチ麺が旨い“手打式 超多加水麺 ののくら”(亀有)

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。昨年の11月27日に発表された『ミシュランガイド東京2019』の掲載店から、今回初めてミシュランガイドに掲載されたお店を紹介するシリーズ企画。今回ご紹介するのは亀有にある“手打式 超多加水麺 ののくら”。名店“九段 斑鳩”出身の店主が一昨年オープンした話題の新店で、連日大行列となっている。

ここのウリは何と言っても自家製の手打ち麺。入り口には大きな製麺室が鎮座。加水率53~57%という超多加水の極太麺で、縮れがしっかり付いていてモッチモチの食感が特徴だ。

特製中華そば(醤油)』を注文。ひっきりなしにお客さんが来て大変そうだが、常に口角を上げながらラーメンを作っている店主の白岩さん。丁寧な手さばきで惚れ惚れする。

具は低温調理チャーシュー、スモークチャーシュー、鶏チャーシュー、味玉、皮ワンタン、メンマ、白髪ネギ、ネギ、ノリ、三つ葉。見た目にもかなり豪華な一杯だ。

老鶏の丸鶏と鶏ガラに更に鶏肉を入れて炊いたスープに、煮干し、うるめ節、鰹節、昆布などの魚介スープをブレンドしている。醤油ダレは生揚げ醤油を使用。

▲自慢の手打ち麺
全体として非常にバランスが良く、奥深い味わいで、清湯ながら手打ちの麺にしっかりとからむ。小麦の香りと味がしっかりしていて、モチモチプリプリの食感は昇天レベル。

チャーシューはそれぞれが噛みごたえや香りが違い、具全体もバリエーションに富んでいて楽しく、全く飽きの来ない一杯だ。このお店を筆頭に、今年は手打ち麺ブームが加速するのは間違いない。

手打式 超多加水麺 ののくら
東京都葛飾区亀有3-11-11 マーベラス大協ビル1F
03-6240-7993

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 井手隊長) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき