ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

[動画]7Colors・Clarityがそれぞれの色で魅せる!『アニドルカラーズ!キュアステージ』はグループを越えたシャッフルユニットも!

アニマルアイドル育成ゲーム『アニドルカラーズ』を原作とする『アニドルカラーズ!キュアステージ』のライブ公演が、1月12日(土)よりシアターGロッソ(文京区)にて上演中。ゲネプロの様子を動画を交えてレポートします。

『アニドルカラーズ』は、動物の能力を持つ個性豊かなアニマルアイドル(通称:アニドル)の卵たちが、アニドルの頂点を目指して成長する青春学園ストーリー。本公演は、2018年6~7月に同じくシアターGロッソにて上演し、話題を呼んだ舞台『アニドルカラーズ!キュアステージ~シリウス学園編~』の第2弾。

※すべての画像・動画が表示されない場合はOtajoからご覧ください。
https://otajo.jp/76174

今回は、ライブをメインとしたステージとなっており、再びシリウス学園のステージセットの前に7ColorsとClarityの11人のアニドルたちが集結しパフォーマンスを繰り広げます! さらに、今回はClarityのキュアマネージャーである司東真幸(米原幸佑)も登場します!

本公演のスタートを飾ったのは、7Colorsの代表曲 「Ride on ☆7 Dream!」。アイドル衣装に身を包んだ7Colorsの7人がステージに登場し、「Ride on ☆7 Dream!」の掛け声とともにライブがスタート! 未来に向かって突き進む前向きな歌詞とキュートなダンスパフォーマンスで一気にアニドルの世界に。

続けて登場したのは、学園No.1グループClarity。7Colorsの軽快な楽曲から一変し、「Delicious night!」でセクシーかつハードなダンスパフォーマンスを魅せて、会場の空気をClarity色に塗り替えました。

新曲「Sirius resonance」 (7Colors)と「Keep On」 (Clarity) を含めた4曲のパフォーマンスが終わると、学校のチャイムが鳴り響き、制服姿のキャラクターたちが登場。学園内の日常を描いた演技パートがあるのも本公演の見所の一つとなっており、個性豊かな彼らの日常の様子に、会場中から笑いが起こりました。

シーンが再びライブパートに切り替わると、昨年12月に発売したばかりの新曲「Welcome to Our LAND!」 のポップなイントロに合わせ、左右・正面から7Colorsのメンバーが登場。思わず一緒に踊りたくなるような可愛らしいダンスで会場を沸かせ、続くClarityの「TEMPTATION’S KISS」では、学園No.1グループ名に相応しい洗練されたパフォーマンスで、客席をさらにアニドルの世界に惹き込んでいきます。

ステージ中盤では、蓮水巴瑠(演:樋口裕太)による美のお悩み相談「教えて!巴瑠先生!」のコーナーや7Colorsによる「あっち向いてほい大会」など、日替わりの演出も多く盛り込まれており、何度でも楽しめる内容になっています。

また、司東真幸はストーリーテラーとしてアニドルのことを教えてくれるのですが、原作ゲームのシステムの紹介まで盛り込まれているところが“キュアステ”ならではのポイント!

アニドルたちが力をコントロール出来ずに獣化した際に、マネージャーが優しくなでてもとの姿に戻す“キュア”をお客さんたちが体験するコーナーがあったり、アニドルたちの様子を覗ける“ウォッチ”を再現した場面もあるところが斬新! “ウォッチ”では、原作ゲームのようにタッチされたアイドルが何を喋ってくれるのかを楽しむことができます。

そして本編のラストを飾ったのは、7Colorsによる初演舞台オリジナル曲「Over the Rain」。 しっとりとした歌い出しで始まり、サビの盛り上がりではClarityメンバーも登場。最後は全員で歌い上げステージにはキラキラと銀テープが舞いました。

会場の熱気が冷めやらぬ中、舞台初披露となる新曲「Starry Stories」のイントロが始まりでアンコールがスタート。本公演の大きな目玉でもある日替わりシャッフルユニットによるパフォーマンスとなっており、ゲネプロでは、初日昼公演と同じく柚木真哉(演:小林 涼)・金森碧叶(演:植田 慎一郎)のペアと夏月雫(演:西野 龍太)・蓮水巴瑠(演:樋口 裕太)のペアが登場。

毎公演ごとにペアとなるキャラが異なり、どのペアで登場するのかは告知されているので、“悠希×要”の師弟ペアや“亜蘭×巴瑠”の幼馴染、“結人×颯”の同室ペアなど自分の好きなペアを選んで見ることができます。さらに、今回は司東真幸もシャッフルユニットに参加! この瞬間だけの演出を是非会場で目に焼き付けてください。

アンコールのラストは、再び7Colorsの「Ride on☆7 Dream!」でClarityメンバーも登場し、11人でタオルを片手に曲を盛り上げ、会場全体で一体感を感じることができるステージとなっています。

公演の様子を動画でチラ見せ!

歌って踊るアニドルたちの様子をチラ見せ! 照明などの演出も素敵です。
※ネタバレを避けたい人は観劇後に見ることをおすすめします。


動画:『アニドルカラーズ!キュアステージ』ダイジェスト(ウォッチシーンあり)
https://youtu.be/osl_-B4nAxk[YouTube]

『アニドルカラーズ キュアステージ』は1月20日(日)まで上演中。

◆公演名:舞台『アニドルカラーズ キュアステージ』
◆公演日程: 2019年1月12日(土)~1月20日(日)
◆会場:シアターGロッソ(東京都文京区後楽1-3-61)
◆出演:辻諒・阿部快征・岸本勇太・樋口裕太・登野城佑真・小林涼・植田慎一郎
荒一陽・西野龍太・田中晃平・白石康介/米原幸佑(役順)
吉田邑樹・池田謙信・山口渓・竹井弘樹・徳留達也
◆チケット料金 (税込):指定席7,900円 (全席指定)

公式サイト:
http://anidol-stage.com/[リンク]

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき