ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

心に灯がともる雪あかりイベント6選【2019年開催】

新潟県 灯の回廊
(C) 公益社団法人新潟県観光協会 

真冬に見逃せない、雪の多い各地での雪あかりイベント。寒い時期限定の雪を照らすろうそくやライトアップは、真冬の幻想の世界。そして、心に灯がともるような美しさです。1月から2月にかけて行われる、雪国での雪あかりイベントを6選ご紹介します。

北海道小樽 雪あかりの路

北海道小樽 雪あかりの路
(C)Koki Yamada / Shutterstock.com

北海道小樽「雪あかりの路」は、オリジナルのスノーキャンドルからろうそくの点火などすべてボランティアによるもの。キャンドルの灯火ひとつに、「手づくり」の温かさを感じることでしょう。

北海道小樽運河 雪あかりの路
小樽運河に浮かぶ200個の浮き玉キャンドルは、冬に見る天の川。寒さを忘れ、北国の魅力へ引き込まれます。開催期間中の10日間、雪の中の灯りは絶えることなく町を照らします。

小樽雪あかりの路

開催期間:2019年2月8日(金)~2月17日(日)
点灯時間:17時~21時
開催会場:運河会場、手宮線会場、朝里川温泉会場
入場料:無料
website: http://yukiakarinomichi.org

北海道札幌 さっぽろ雪まつり

北海道札幌 さっぽろ雪まつり
(C)stock_shot / Shutterstock.com

北海道を代表するイベント「さっぽろ雪まつり」。日本で知らない人がいないほどの人気イベントですね。札幌の大通公園において展開される、約1.5キロメートルの雪と氷の祭典。2019年の雪氷像の予定基数は192基(大通:111基、つどーむ:21基、すすきの:60基)。陸上自衛隊、札幌市職員、市民ボランティア、市民グループ、民間団体、国際雪像コンクールに参加する外国人グループ等が1月7日頃から制作スタートして完成させます。

さっぽろ雪まつり

大通会場

開催場所:大通公園 西1丁目~西12丁目
開催期間:2019年2月4日(月)~2月11日(月・祝)
開催時間:いつでもご覧いただけます(ライトアップは22:00まで)
入場料:無料

すすきの会場 (すすきのアイスワールド2019)

開催場所:南4条通りから南7条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道
開催期間:2019年2月4日(月)~2月11日(月・祝)
開催時間:いつでもご覧いただけます(ライトアップは23:00まで。※最終日は22:00まで)
入場料:無料

つどーむ会場

開催場所:札幌市スポーツ交流施設  コミュニティドーム(愛称:つどーむ) 札幌市東区栄町885番地1
開催期間:2019年1月31日(木)~2月11日(月・祝)
開催時間:9:00~17:00
入場料:無料

Website: http://www.snowfes.com/

秋田県横手のかまくら

秋田県横手のかまくら秋田県横手のかまくら 蛇の崎川原
日本の冬の名物詩、450年の歴史がある秋田県横手市のかまくら。雪の山をくり貫いたドーム型の雪洞の中に、灯りをともし、奥に水神様を祀る小正月行事。市内に100基ほどあるかまくら内では子供達が甘酒、お餅などをふるまってくれます(神棚の水神様へお賽銭をお供えください)。かまくら1基貸切は、平成31年1月7日(月)より電話予約受付(横手市観光協会 TEL0182-33-7111 9:00~17:00)1時間3,000円(4~5人まで可能。もち、おもてなしセット、甘酒付き)。地元の中学生を中心とした地元ボランティアで作られる約3,000個のミニかまくらに灯りがともるさまは、別世界へ迷い込んだような美しさ。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。