ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高田漣の最新アルバムから、砂原良徳共同プロデュースのテクノポップ・ナンバーが先行7インチ化

高田漣の最新アルバムから、砂原良徳共同プロデュースのテクノポップ・ナンバーが先行7インチ化

2019年3月6日にリリースされる高田漣の新作アルバム『FRESH』から先行アナログ・シングルカットが発売される。

共同プロデューサーに砂原良徳を迎えた80sテクノポップ風ダンス・チューン「GAMES」と、ニューオリンズmeetsシティポップなラブソング「モノクローム・ガール」のカップリングとなっている。

’17年のアルバム『ナイトライダーズ・ブルース』が日本レコード大賞の優秀アルバム賞を受賞、細野晴臣のライヴ・サポートや、映画/CM音楽の制作を多数手がけるなど日本の音楽界が誇るマルチな音楽家/プロデューサー、高田漣。
待望のニューアルバムに先駆けて、配信リリースされた2曲をカップリングした限定アナログ盤のリリースが決定した。

従来のブルース~アメリカン・ルーツ・ミュージック的なイメージを覆した「GAMES」は、砂原良徳らしいレトロなシンセの打ち込みトラックに、粋な言葉遊びと2人組女子ユニット、バクバクドキンによるキュートなバッキング・ボーカルもキラーなニューウェイヴ~テクノポップ・ナンバー。ダンサブルで洒脱な名曲だ。
カップリングの「モノクローム・ガール」は、ブルージーなギターと美しいピアノが鮮やかなシティポップ・チューン。15年かけてようやくたどり着いたというモダン・ヴィンテージなサウンドが心地よい至福の名曲となっている。 (内)

※発売日の2月20日(水)同日に、テレビ東京系ドラマ『フルーツ宅配便』のエンディング・テーマとして超特急に書き下ろした楽曲「ソレイユ」のセルフ・カバーを収録した、超特急/高田漣のスプリット12インチをLawson Entertainment,Inc.(HMV record shop)よりリリース予定。『GAMES/モノクローム・ガール』と同時発売となります。

【リリース情報】
高田漣『GAMES / モノクローム・ガール』(7″)
発売日 : 2019年2月20日(水)予定
価格 : 1,500円+税
レーベル : Beta Records
品番 : JS7S238
形態 : 7″
収録曲 :
SIDE A
1.GAMES

SIDE B
1.モノクローム・ガール

■JET SET Online Shopにて予約受付中
https://www.jetsetrecords.net/i/816005561729/

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。