ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【男子向け】自分でできる!ナチュラルな眉毛の整え方

顔の印象を大きく左右する眉毛。

 

何もしないのは野暮ったいけど、いじりすぎると細くなってしまい、上手に整えるのはなかなか難しい…。

 

そんなふうに迷っている男子高校生も多いのでは?

 

そこで今回は、美眉アドバイザーとして活動をしている玉村麻衣子さんに、男子高校生向けのナチュラルな眉の整え方を教えてもらうことに!

 

自分でできる整え方なので、みんなも家でやってみてね。 【お話を聞いた人】

 

美眉アドバイザーに聞く男子高校生のための眉毛の整え方

玉村麻衣子さん

眉の技術者資格を保有し、美眉アドバイザーとして活躍。

筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”や眉メイクの専門家。

セミナー講師としても活動中。

 

 

眉毛を整えるにはまずは道具をそろえよう!

今回使う道具はこちらの3アイテム。

 

美眉アドバイザーに聞く男子高校生のための眉毛の整え方

※眉毛を整えるためのアイテム。上から(A)アイブロウコーム・ブラシ、(B)眉バサミ、(C)シェーバー

  (A)のアイブロウコーム・ブラシは眉の流れを整えたり、長い毛をカットするときに使用します。

 

(B)の眉バサミは、眉をカットするときに使うもの。先っぽがカーブしているタイプが使いやすくて便利です。

 

(C)のシェーバーは『眉用(・フェイス用)』のものを使うようにしましょう。

 

私のおすすめは『パナソニック マユシェーバー ER-GM20』。

 

これは刃の部分が小さいので眉の微調整がしやすいんです。

 

眉バサミ、シェーバーといった刃物類は直接肌に触れるもの。

 

なので、100円均一などではなく、メーカー品をドラッグストアや電気屋さんなどで購入するのがおすすめだそう!

 

眉毛を整えるときは「明るい場所」を選んで!

実際に眉毛をお手入れする前に、まず気をつけるのが場所! 眉毛を整えるときはぜひ、明るい場所を選ぶようにしてください。

 

顔の左右に均等に光が当たらないと見え方が違ってくるので、同じように整えたつもりでも、左右の眉毛の長さが違っている…なんてこともあるんです。

 

本当は自然光が顔に満遍なく当たる窓辺などがおすすめですが、昼間のお手入れが難しい場合は、顔全体に光が当たる蛍光灯の下などの明るい場所を選ぶことが大切です。

 

眉毛のお手入れ開始!

眉毛のお手入れは毛並みを整えることからスタート! 眉は場所によって毛の生え方がさまざま。

 

毛並みを整えずにいきなりカットしようとしても、なかなかうまくいきません。

 

まずは、ブラシで毛並みを整えることから始めましょう。

実際に(1)~(3)の手順に沿ってお手入れを開始しよう!

 

(1)眉毛の中間部分にブラシを当て、毛の流れに沿って内から外にブラシを動かす。

 

美眉アドバイザーに聞く男子高校生のための眉毛の整え方

※眉毛の流れに沿って内から外にブラシを動かす

 

 (2)眉の一番高い位置である眉山から、眉の終わりの眉尻までの毛流れを整える。

 

眉山にブラシをセットし、毛の流れに沿って斜め下にブラシを動かそう。

 

美眉アドバイザーに聞く男子高校生のための眉毛の整え方

※眉山から眉尻までの毛流れを整える

 

(3)眉の始まりの眉頭の毛流れを整える。

 

ここは上に向かって眉毛が生えているので、ブラシを縦にして上にシュッシュッと動かすのがポイント。

 

美眉アドバイザーに聞く男子高校生のための眉毛の整え方

※眉頭の毛流れを整える。ブラシを縦にするのがポイント

 

シェーバーを使って眉毛の形を整える

続いて、シェーバーを使って眉毛の形を整えよう!

 

(1)眉の上側の産毛をシェーバーで剃る 毛流れを整えたら、産毛を剃っていきます。

 

太い毛まで剃ってしまうと、青くなって不自然なので、柔らかくて細い産毛だけを剃って本来の眉の形をはっきりさせるイメージで行うのがポイントです。

 

美眉アドバイザーに聞く男子高校生のための眉毛の整え方

※眉の上側の産毛をシェーバーで剃る また、眉山がちょうど目尻の上のあたりにくるように意識すると理想の形に仕上がります。

 

眉頭から眉山を目指してなだらかに眉が上がっていくように剃りましょう。

 

美眉アドバイザーに聞く男子高校生のための眉毛の整え方

※眉頭から眉山を目指してなだらかに眉が上がっていくように剃ろう お手入れをしていると、どんどん眉が細くなってしまいがちですが、理想的な眉の太さは目の縦幅と同じか2/3程度。

 

目が大きい人は眉も太く、目が細い人は眉も細いほうがバランスがとれます。

 

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。