ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「僕の本当の父親は誰?」 お香をブレンドしすぎてスメハラ!? あんなに可愛かった孫と息子の残念な実態~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

栄華の豪邸も様変わり!光が失せたその後の世界

光源氏が死んだ後、世界からはまるで火が消えたようになり、世間の人はもちろんのこと、妻子と孫、仕えた女房たちは限りない悲しみに包まれました。

源氏が築き、この世の楽園のように謳われた六条院も様変わりしました。以前から六条院を出たがっていた正妻・女三の宮は父・朱雀院の遺産の三条宮へ。

源氏の信頼厚く、常に穏やかで優しかった花散里は遺産として与えられた二条東院に移り、春の御殿で生まれ育った娘の明石の中宮(ちい姫)は宮中ぐらし。冬の御殿の主だった彼女の生母の明石の御方も付き添って宮仕えなので、六条院に住む人はぐっと減ってしまいました。

父が丹精こめて作り上げたこの美しい邸を荒れさせるのは忍びない。せめて自分がいる間はこの邸を守ろう!と夕霧は思い、妻のひとりとした落葉の宮を六条院の冬の御殿に住まわせます。

親友・柏木の未亡人だった落葉の宮と強引に結婚したために、正妻の雲居雁が子どもを分散して実家に帰ってしまったのも昔の話。今は「ふたりの妻の間を一晩置きに交互に通う」ことで折り合い、なんとか離婚の危機は脱しました。

二人の間の子どもたちも続々と成人し、すでに長女は皇太子妃、次女はその次の二の宮の正妻と、どんどんと結婚させています。それにしても、妻と過ごす時間をいやにきっちりわけているあたりが理屈屋の夕霧っぽいですね。

小野の山荘から一条邸に落葉の宮を連れてきた時は部屋に立てこもって大変でしたが、今は二人の仲も円満。夕霧は末娘の養母としても彼女を大切にしています。

紫の上が暮らした春の御殿の新しい主になったのは、彼女が養育した女一の宮。かわいがってくれた祖母を偲んで、部屋の飾りもそのままに、朝夕紫の上を懐かしんで暮らしています。寝殿を時折の休憩所として使うのは、今上帝の二の宮。幼い三の宮と一緒に、源氏と夕霧に抱っこをせがんでいた皇子です。現在は第一皇子が皇太子になっていますが、しっかりした性格が信頼を集め、その次の東宮候補として名前が挙がっています。

そして紫の上が格別にかわいがり、最晩年の源氏の遊び相手になった可愛い三の宮は、今は兵部卿宮と呼ばれていました。

あんなに可愛かったのに……成人した孫の残念な実態

兵部卿宮は祖母の紫の上に「宮が大人になったらこの二条院に住んでね。特に梅と桜の季節は花を見て楽しんでね」と言われたとおり、二条院を自邸として暮らしています。幼い頃のヤンチャで愛嬌ある性格はそのままに、祖父の源氏にも似た華麗な美貌の皇子です。

両親の帝と中宮も大変可愛がり、世間の人も何かと注目しているので宮中ぐらしをするように勧めているのですが、堅苦しいのが嫌いな彼は、二条院での暮らしが好みの様子。娘のいる貴族たちはもとより、夕霧も宮に娘を娶ってもらいたいと思っていますが、本人はお見合い結婚なんかまっぴらだと取り合いません。

実はこの宮は無類の女好きで、気に入った女はゲットしないと気がすまず、たとえ女房クラスでも実家まで追いかけていって想いを遂げ、飽きたらすぐに姉の女一宮の女房に追いやってポイ捨て、というかなり残念な男でもあります。

祖父の源氏は宮中の女房たちがどんなに美人でも見向きもせず、より困難な恋、面倒くさい相手を追い求めて苦労し、一度関わった女は見捨てないという情に篤いところがありました。

が、こちらは女と見ればあたりかまわず、ヤリ逃げヤリ捨ては当たり前。胸をかきむしられる葛藤や、重苦しい情念故に恋をするのではなく、ただ下半身に正直に生きているチャラ男です。おばあちゃんが聞いたら泣くよ!

政治に関わるわけでもなく、ただ二条院で女と風流にかまけて暮らしている彼のとっておきの趣味は香合わせ。庭に植える植物も見た目よりも香り重視で、春は梅、秋は菊、フジバカマ、ワレモコウといった匂いの強い植物を植えて鑑賞する他、自分でもオリジナルブレンドを開発してはいつも強く焚きしめています。

そのため、人びとは彼を「匂(におう)宮」と呼ぶようになりました。匂うは臭うと違ってポジティブな意味合いですが、側にいただけで匂いが移ってしまう、宮仕えの女房なんかがつけていてはいけないくらいのキツさなので、今でいうとスメハラ気味?いい匂いもほどほどにお願いしたいですね~。

作者は「このように放縦で、世間の人は宮を軽薄だと思っていた。光源氏はどれか一つのことに肩入れして異様に熱中するということはなかった」と注を入れていますが、匂宮がこれほどまでに匂いにこだわるのはある理由がありました。

生まれつきいい匂い! 特異体質の次男坊

匂宮がやたらに匂いを焚きしめてまで対抗したい相手、それは女三の宮が産んだ薫です。年も近く、兄弟のように六条院で育った2人は、成人しても大の仲良しで、最大のライバルでもありました。かつての源氏と頭の中将、夕霧と柏木同様の構図です。

源氏の晩年に次男坊として生まれた薫は、匂宮とは対照的に物静かな性格。若いのに浮ついたところは微塵もない、妙にどっしり落ち着いた青年です。

顔立ちも具体的にどこがどうイケメン、というわけではないのですが、なんとも優雅で気高くて、ちょっとミステリアスな感じもし、なにかこの世のものでないものが人の姿を借りてやってきたのではないかと思わせる、神秘的な雰囲気がありました。

おまけに生まれつき良い香りがするという特異体質で、人びとは姿が見えなくても、その香りで「薫が来た!」と察することができました。おかげで薫は、生まれてこの方お香を焚きしめていい匂いをつける、ということをほとんどしたことがありません。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。