ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

重量22gの超小型アクションカメラ「PocketCam」はIP68防塵防水規格も!

激しいアクションを有するスポーツを一人称視点で撮影することができるウェラブルカメラ。もちろんそれは、人間が身に着けられるほどの小型でなければならない。

クラウドファンディング「Indiegogo」で資金調達中の「PocketCam」は、たった22gしかない製品だ。しかしその小さいボディーの中に、他の製品を凌駕する性能が詰め込まれている。

・IP68で野外使用も安心

PocketCamのサイズは4.5×4.5×1cm。手のひらの上に置いて、それを握りしめることができるくらいの小ささである。

ソニー製CMOSセンサーを採用し、1200万画素で撮影することができる。動画は1080P/60fpsでの撮影が可能。最大120度の広角撮影にも対応する。

これを身に着けるわけだが、野外での撮影の場合はカメラが濡れてしまう可能性もある。PocketCamはIP68防塵防水規格を備えることで、耐久性を確保している。

スマホの専用アプリと連動していることはもちろんだが、撮影画像の色合いを自動補正する機能も備えている。これを使えば、時間をかけて写真や動画の画質を編集する必要はなくなる。

また装着の仕方であるが、これに関しては開発元が様々な種類のマウントを用意している。磁石式、吸盤式、クリップホルダー、3Mの両面テープ。自転車のハンドルに装着するためのケースもある。

・日本への配送も

15分の充電で1時間の連続撮影ができる急速性も持ち合わせたPocketCam。現在、Indiegogoで出資を受け付けているのは先述の通りだ。

価格は1台89ドル(約9800円)から。無論、これはIndiegogo限定のキャンペーン価格である。日本への配送も受け付けているが、その場合は15ドル(約1650円)の手数料が加算される。配送スケジュールは2019年4月から。

Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき