ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「友達として欲しくなってきた」「紹介文がエモい」 年末の『Twitter』で突如IKEAのサメぬいぐるみがブームに

今年も残すところあと3日。本日より冬休みに突入しているという方も多いことでしょう。いわゆる「平成最後の年末」ですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

『Twitter』ではなぜかIKEAのサメブームが勃発!

そんな穏やかな年の瀬に、世界最大レベルの家具量販店“IKEA”で販売されているサメのぬいぐるみが、なぜか『Twitter』で突如として爆発的なブームとなっています。

IKEAのサメぐるみがかわいいというTLがあったので、海外で撮られた写真を見てみましょう


https://twitter.com/FKFK_shark/status/1078142225307947008

IKEAのサメぬいぐるみを画像検索したら友達として欲しくなってきた


https://twitter.com/re_kth/status/1078592458684981248

皆もIKEAのサメの可愛さに目覚めてくれ!


https://twitter.com/ROLLS0911/status/1078297519996588032

サメのぬいぐるみが大量に陳列されている写真や、人間のように扱ってかわいがっている写真、ショッピングカートの中に敷き詰められている写真などが次から次に投稿され続けているのです。

IKEAのサメぬいぐるみが欲しくなったので検索かけてみたら紹介文がめちゃめちゃエモくて購入を深く決意した…
「キミの鼓動を聞くことが出来るよ」ってエモすぎんか???エモそのものではないか???????好き


https://twitter.com/harusamert/status/1078477139387736065

中には“IKEA”のサイトを開き、紹介文のエモさに購入を決意したなんていう声も。また、サメのぬいぐるみを抱いた女の子のイラストまで大量に投稿され続け、完全にIKEAのサメ祭り状態となっています。

28日からツイート数が爆発的に急上昇

今回突如発生した“IKEA”のサメブームですが、『Yahoo! JAPAN』のリアルタイム検索によると28日の午後から爆発的にツイート数が増えている模様。

https://search.yahoo.co.jp/realtime

グラフを見ると28日まではほとんど投稿がなかった状態であることがわかります。まさに突如として発生したブーム。10月頃にロシアで爆発的なブームが起こったようなのですが、なぜ2か月遅れで日本でもブームが起きたのでしょうか。この間にもまだまだ“IKEA”のサメに関する投稿が大量に行われ続けています。

スウェーデンのIKEAにもサメタワーあったな


https://twitter.com/manamitarou/status/1078280020139732993

IKEAのサメの思い出


https://twitter.com/bakuretu_namako/status/1078300168921858048

IKEAのサメほしい\( ‘ω’)/


https://twitter.com/HjFCFLrHBq421PD/status/1078465822530519045

昨日IKEAいってサメ買った


https://twitter.com/mwpppj72/status/1078519355141308416

次から次へとタイムラインに流れてくるサメの画像を見て「次IKEA行ったら買おう」と決意する声も多く見受けられました。

年末年始に“IKEA”でショッピングを計画されている方も多いはず。このままブームが続けばもしかしたら早々にサメが完売してしまうなんていうことも起こるかも……? ちなみにこのサメ、価格は税込1799円のようですよ。

※画像はIKEAホームページ、『Twitter』、『Yahoo! JAPAN』より
https://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/10373589/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ピータン) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。