ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

兄弟刀の北村諒と定本楓馬はお揃い衣装!『映画刀剣乱舞』完成披露イベントに刀剣男士キャストがタキシードで登壇

名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム原案に制作された、初の実写化作品『映画刀剣乱舞』の公開に先駆け、12月27日(木)にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、完成披露上映会が開催されました!

本作に出演している三日月宗近役の鈴木拡樹さん、山姥切国広役の荒牧慶彦さん、薬研藤四郎役の北村諒さん、へし切長谷部役の和田雅成さん、日本号役の岩永洋昭さん、骨喰藤四郎役の定本楓馬さん、不動行光役の椎名鯛造さん、そして鶯丸役の廣瀬智紀さんら刀剣男士キャストと、メガホンを取った耶雲監督がレッドカーペットに登場すると、満員の会場から大きな声援が飛びました。

冒頭で鈴木さんは「今日イベントを迎えるのをどきどきしていましたが、熱量いっぱいで迎えていただいて本当に良かったです」と挨拶し、初の実写映画化作品として本作が公開されることへの緊張と喜びを語りました。

登壇したキャストたちはそれぞれの役柄をイメージしたカラーのタキシードを身に纏っており、特に北村さんと定本さんは劇中で兄弟刀役を演じていることから、タキシードがお揃いであることが話題になると、会場に集まったファンからも喜びの声が上がりました。

撮影現場でのエピソードでは、鈴木さんが「舞台と違って映画になるとセットが360度あったり、砂利道では戦いづらいなど新鮮なことを多く感じました。三日月の太刀は室内で戦うのは大変なのに敵(時間遡行軍)がいっぱいやってくる」と舞台版にも出演している鈴木さんならではの苦労話を披露。

本作が自身初の『刀剣乱舞』への参加となった岩永さんは、撮影初日から自分の槍を折ってしまったエピソードを明かし、それを受けて和田さんが「折った直後の岩永さんに初めましての挨拶をした時、地獄の顔をしていて怖かったです(笑)」と会場の笑いを誘うやり取りも。

また廣瀬さんは「今年の3月のキャスト情報解禁の調度一年前に、ブログで“うぐいす”というタイトルをアップしていて、運命を感じました。でもコメント欄で“これメジロだよ”、とツッコまれてしまいました(笑)」と自分の役名と絡めた話でオチをつけ、本作への出演への縁を語りました。

さらに、情報解禁するやものすごいスピードでの拡散力を見せた本作の主題歌「UNBROKEN(feat.布袋寅泰)」について触れると、鈴木さんは「(主題歌が誰になるか)みんなで予想はしていたけど、西川さんと布袋さんの2人の名前を聞いてびっくりしました。舞台は和のテイストの音楽が多いので、ロックな音楽がより“映画だ”という実感を沸かせてくれました!」と超豪華コラボに興奮気味にコメント。

また耶雲監督は「映画を見ていただいた西川さんはノリノリで曲を作ってくれて、“次回作があれば僕も刀剣男士として出演したい!”と言っていました!」と驚きのエピソードを話すとともに、「出るとしたら、絶対短パンのキャラクターで登場するな」と、刀剣乱舞ならではのジョークを飛ばし、会場が笑いに包まれました。

イベントの最後に、鈴木さんが「撮影の最後に撮影で使っていたドローンを弓で射抜いてしまいました。まさに大ヒットと言えますが、縁起よく映画も大ヒットできるように、ここから刀剣乱舞を知らない方にも届けていきたいと思います」と縁起の良いコメントで締めくくり、イベントは大きな拍手に包まれながら幕を閉じました。

関連記事:
『映画 刀剣乱舞』主題歌は西川貴教×布袋寅泰の強力タッグ! “タマシイ”揺さぶる本予告映像解禁
https://otajo.jp/75556

『映画刀剣乱舞』は2019年1月18日(金)全国ロードショー。
■原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus) ■監督:耶雲哉治 ■脚本:小林靖子
■配給:東宝映像事業部
■公式サイト:touken-movie2019.jp[リンク]
(C)2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 (C)2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。