ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高校生の2.5人に1人が受かると思っていた大学に落ちていた!?正しい併願校の選び方とは

1月になれば大学受験もいよいよ本番。

 

本命校や併願校はもう決まったかな?

 

併願校といえば、本命校のすべり止めとして考えたり、本命校と同じくらい行きたい学校だったり、受験する数も選ぶ基準も人それぞれ。

 

しかし、先輩たちの4割(2.5人に1人)が「受かる」と思っていた併願校に落ちていることが判明!

 

その原因のほとんどは「出願」で失敗しているから。

 

そこで、先輩に聞いた出願&受験の成功・失敗談をもとに、併願校を選ぶ際に覚えておきたい5つのポイントを紹介しよう。

 

 

併願校は計画的な入試方法選びが結果を左右する

【失敗】無計画な併願校選びで対策不足に

行きたいのは「本命校」。

 

かといって併願校選びや併願校対策はやはり大事。

 

併願校を単に受験難易度や、受験科目だけで選んでしまうと、落ちると思っていなかった大学に落ちてしまって、「そんなはずじゃなかった!」と心を乱されるケースがある。

 

先輩100人に聞いた出願&受験の成功・失敗談をもとに、併願校を選ぶ際に覚えておきたい5つのポイントを紹介

※無計画な併願校選びで失敗

 

併願校選びの計画不足が理由で失敗してしまった先輩たちは、 「出題傾向のチェック不足で後悔。入試問題の傾向の把握が足りなかった」(工学系志望、4校受験/うち2校合格)

 

「科目の確認不足でタイムロス。国立後期は数学しか必要ないことを知らず、勉強時間をロスしてしまった」(工学系志望、3校受験/すべて合格)

 

「十分に試験のことを調べないまま受験してしまった」(理・工学系志望、4校受験/うち1校合格)

といったように、出題傾向のチェック不足や科目の確認不足、試験内容を調べきれず、あとになって試験や試験対策に追われたケースが多いようだ。

 

【成功】計画を立てて併願校を選び効率的に対策

一方、併願校を計画的に選ぶことで試験に合格した先輩は、 「学校別対策は第一志望のみ。第一志望に集中するため、すべり止めはセンター利用で出願した」(観光学系、2校受験/すべて合格)

 

「科目重視で併願校を決定。併願校は得意な数学を利用できる大学を中心に選んだ」(経済・商学系受験、4校受験/うち2校合格)

といったように、学校別対策を第一志望のみに絞ったり、科目重視で併願校を決定したりしたようだ。

 

成功した例ではほかにも、 「出題範囲に注目!併願校対策に時間を割きたくなかったので、志望校と出題範囲が同じ大学にこだわって出願した」(理・工学系志望、3校受験/すべて合格)

 

「配点でリスクを分散!私立大学2校でセンター入試を利用。合格のボーダーラインはほぼ同じだが、国語と英語の配点割合が違い、リスクの分散になった」(法・経済学系志望、5校受験/すべて合格)

など、出題範囲や配点割合にしっかりと着目して、勉強時間の効率化やリスクを分散するなどで、計画的に併願校の合格を勝ち取っている。

 

先輩100人に聞いた出願&受験の成功・失敗談をもとに、併願校を選ぶ際に覚えておきたい5つのポイントを紹介

※計画を立てて併願校を選び成功

 

ここでポイントとなるのは、「入試方式の特徴」を分析すること。

 

日程はもちろんだが、試験科目、配点バランス、試験の形式などが近ければ、個別の対策を最低限に抑えて、本命校と併願校両方の試験対策ができる。

 

一方、同じ大学・学部でも日程や受験方法によって、科目や配点が異なるケースもある。

 

受験勉強になるべく手をつけたいところだが、効率よく勉強を進めるためにも、事前の計画はしっかり考えよう。

 

自分の実力を見極めるのが併願校合格の肝!

【失敗】併願校を高望みしすぎて不合格に

併願校といっても、行きたいと思える大学しか受けなかったり、上位校だけを受験してしまったりという「高望み」タイプの失敗も多い。

 

失敗例でいうと、 「願望から抜け出せず。行ければいいなという理由で受験したので、いまいち本腰を入れられなかった」(スポーツ学系志望、2校受験/うち1校合格)

 

「知名度重視で失敗。難易度をあまり考えず、単純に知名度のある大学に出願してしまった」(文学系志望、6校受験/うち2校合格)

 

「運試し出願はNG。実際の学力より高いところに、運試しのような出願をしてしまったが、やはり力不足だった」(経済学系志望、3校受験/うち2校合格)

といった声があった。

 

【成功】実力にあった併願校に出願して確実に合格

併願校受験に成功した先輩は、 「本命に打ち込むために手堅く。しっかり1校合格しておくことで、国立の勉強にしっかり打ち込めた」(理・工学系志望、5校受験/うち2校合格)

 

「確実性重視の出願。どうしても浪人を避けたかったので、1校を除いて安全圏に出願した」(経済・法・文学系志望、3校受験/うち2校合格)

 

「安全圏の学校に出願することで、プレッシャーを抑えられた」(理・工学系志望、6校受験/うち3校合格)

といったように「合格」カードを手に入れることで、かえって本命校に集中できたというケースや、 「自分の得意不得意をはっきり見極め、実力に見合った出願を心掛けた」(文・経済・商学系志望、4校受講し3校合格)

 

「余裕を持って入試本番へ。実力相応の出願をすることで、気持ちに余裕を持って試験に臨めた」(家政系志望、3校受験/すべて合格)

といったように、しっかりと自分の実力にあった併願校を押さえておくことで、安心して第一志望の受験に臨めたという声があった。

 

先輩100人に聞いた出願&受験の成功・失敗談をもとに、併願校を選ぶ際に覚えておきたい5つのポイントを紹介

※実力にあった併願校に出願して成功

 

たしかに、進学する気持ちが向かない大学をあまり受ける気にならないかもしれない。

 

けれども、「合格」という結果を得ておくことで、かえって本命に集中できるケースや、実力以上の出願は「挑戦」と置くことで、本命との力加減を調整するなど、戦略を立ててレベルを設定するのが成功の鍵だ。

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。